最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
118位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

2014年睡蓮・蓮育成品種一覧

今年うちで育てている睡蓮と蓮です。

【耐寒性睡蓮】(Hardy Waterlily)
 花は水面か水面より少しだけ立ち上がって咲くことがほとんど。
 葉に熱帯性睡蓮のようなギザギザが無い。
 株はワサビのような感じ。
 香りのある品種は少ない。
 屋外でそのまま越冬できる。
 ムカゴのできる品種は無いけど花から新たな株が生まれる胎生種というものがある。
 花の色は、赤、ピンク、白、黄色で青(紫)が無い。ただし、ISG種にはあります。
 夜咲き種が無い。

 《温帯性睡蓮》
  ◇姫睡蓮
  ○桃花
   一昨年チャームで購入した品種。
   レディケリ・ロゼア・プロリフェラ(N..'Laydekeri rosea Prolifera')
    の可能性が高そうですが3年目…未開花
   葉は濃い緑。

  ○黄花、おそらくヘルボラ(N.'Helvola')
   一昨年チャームで購入した品種。
   直径5cmかそれ以下の小さな一重の花です。
   春先の植付け時に元肥をしたっきりですがめっちゃよく花を咲かせます。
   葉には茶色のドット柄が入ります。
   但し、開花がお昼くらい(午前11時くらいから午後2時~3時まで)なので平日はほぼ観られません(^^;
Helvola.jpg

  ◇白花
  ○不明種
   昨年よったけさんにお譲り頂いた睡蓮。
   一重咲き。
   葉は明るい緑。
   花はそこそこ良く咲いてくれます。
   脇芽も沢山出るので芽かきをしないと大変です(^^;
   入門には良いかもしれません。
Unknown.jpg


  ○ゴンネール/スノー・ボール(N.'Gonnere'/N.'Snow Ball')
   今期SLACKERさんにお譲り頂いた品種です。
   八重咲きの花はとても神秘的で美しいですが、余り沢山花は観られていません。
   葉は明るい緑。
   脇芽は沢山出していました。
   沢山花を観るには何か栽培方法に改善が必要かも。
Gonnere_01.jpg

Gonnere_02.jpg

  ◇黄花
  ○マンカラ・ウボン(N.'Mangkala Ubol')
   昨年宮川花園さんより購入。
   八重咲きのオレンジ~黄色の花でとても良く咲いてくれます。
   花弁に皺があるのが特徴かな?(^^;
   また、大輪なのでよく目立つのと道路沿いに置いてるのでうちのシンボル的な品種になってます。
   葉は濃い緑。
   株は去年7.5号の浅鉢に植えてた時は伸びるというよりは太ってよく脇芽を出してくれたけど、今年はプランターにしたためかあまり脇芽が出ずに株が伸びました(^o^;
   環境に適応したのだろうか?
   でもとても扱いやすいので入門種としてオススメです。
Mangkala Ubol

  ○コンコルディア(N.'Concordia')
   今年の4月にチャームで購入した品種。
   これも八重咲き。
   レモンイエローで皺のないキレイで大きな花を咲かせます。
   見た目もとても華やかでゴージャスです!
   導入時の株が小さかった(3cmくらい)からか開花開始は遅かったけど、咲き始めたらバンバン咲いてくれました。
   葉はカモフラ柄で面白いです。
   株はあまり伸びず太くなる感じ。
Concordia_01.jpg

Concordia_02.jpg

  ○サルフレア・オキチョビー(N.'Sulphurea Okeechobee')
   昨年秋にSLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   こちらは一重咲きのレモンイエローの花を咲かせます。
   暑くなってきてから調子が上がり花も沢山みせてくれました。
   葉は緑でドット柄が入ります。
   こちらもかなり脇芽が伸びました。
SulphureaOkeechobee_01.jpg

SulphureaOkeechobee_02.jpg

  ○グレッグズ・オレンジ・ビューティ(N.'Gregg's Orange Beauty'')
   今年kz1300さんよりお譲り頂いた品種です。
   花の中心から外に向かってオレンジからピンクになるグラデーションが美しい品種です。
   が、まだ植付けて1ヵ月経過していないので今期の開花はたぶん無理かな?と思っています。


  ◇赤・桃花
   ○コンケラー(N.'Conqueror')
   去年地元のホムセンで購入。
   今年一番最初に咲いた品種。
   赤というよりはピンクに近いかな?
   紗がかかったような薄い赤の花を咲かせます。
   花上がりもとても良いです。
   葉は緑。
   株はあまり伸びない感じ。
Conqueror_01.jpg

Conqueror_02.jpg

   ○アー・カン・シエル(N.'Arc-en-Ciel')
   昨年秋にSLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   ピンクの花ですがとっても色が薄く、2日目以降は退色してしまうので良く見ないと白花に見えます。
   シャープな花弁なのと、温帯性睡蓮にはあまりない良い芳香を持っています。
   葉も珍しく、トリカラー(三色)でたまに赤(ピンク)が葉に現れることもあります。
   花上がりは最初は心配したもののそこそこ花を見せてくれました。
   株は良く伸びますね(^^;
Arc-en-Ciel_01.jpg

Arc-en-Ciel_02.jpg

   ○ワンビサ/ワンウィーサー(N.'Wanvisa')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   花弁に黄色い斑が入ります。
   花色はピンクという位置付けですが、赤くなったりオレンジっぽくなったり黄色になったり、赤と黄色が花弁で色分けされていたりと面白い品種。
   葉も緑と茶の斑模様になり、花と同じく緑が多かったり茶が多かったりといった変化が出たりします。
   花上がりは良いですね。
   ただ、株は脇芽が沢山できるので、株分けする予定がなければ見つけ次第芽欠きをして本株の生長を促すようにしてあげないと花付きが悪くなります。
Wanvisa_01.jpg

Wanvisa_02.jpg

Wanvisa_03.jpg

   ○ブラック・プリンセス(N.'Black Princess')
   今年宮川花園さんより購入。
   花は濃い赤、赤黒い花弁が蝋細工のように艶やかで独特な雰囲気をかもし出しています。
   うちでは環境が合わなかったのか花上がりはイマイチでしたが本来は沢山花を咲かせる品種のようです。
   2日目,3日目に雄蕊に付く花粉が金粉のようになるのも面白いです。
   葉は緑。
   株は結構脇芽を出すんですが、アメリカでパテント登録されているのであと数年は他人へ譲渡や販売ができません。
BlackPrincess_01.jpg

BlackPrincess__02.jpg

   ○タンポン(N.'Tanpong')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   花は中心が赤く、外に向かうに従って白くなっていきます。
   気難しいらしいのですが、ベテランの方は何輪も咲かせておられます。が、うちでは一度しか咲かせられていません(--;
   来年に期待!
TanPong.jpg

   ○タン・クワン(N.'Tan-kwan')
   今年junjiさんよりお譲り頂いた品種です。
   八重咲きのショッキングピンクっぽい(宮川花園さんのウェブサイトでは"ラズベリー・レッド"という表現をされていますね)色の花を咲かせます。
   が、こちらも植付けから2カ月。元の株が小さかったのでたぶん今期は株の育成のみで花はみられないと思います。

   ○マニー・レッド(N.'Manee Red')
   今年kz1300さんよりお譲り頂いた品種です。
   八重咲きで濃い鮮やかな赤い花をゴージャスに咲かせます。
   が、こちらも植付けから1カ月未満ですので今期は株の育成のみで花はみられないと思います。

   ○ヒドゥン・バイオレット(N.'Hidden Violet')
   今年kz1300さんよりお譲り頂いた品種です。
   シャープな花弁の赤い花を咲かせます。
   が、こちらも植付けから1カ月未満なのと、株が小さかったので今期は株の育成のみで花はみられないと思います。

 《亜属間交配種(ISG)》
  温帯性睡蓮と昼咲きの熱帯性睡蓮を交配して作られた品種で耐寒性のある(屋外越冬できる)睡蓮です。

   ○サイアム・パープル1(N.'Siam Purple1')
   今年宮川花園さんより購入した品種です。
   届いた時にはその株の状態に驚きました(^^;
   花はネオン管の紫色みたい、クリアな紫といった感じで、他の温帯性睡蓮や熱帯性睡蓮では観たことが無い色です。
   葉はISG種らしく柄が入ります。
   うちでは他の同じ品種を育てておられる方に比べたらかなり開花が遅れました。
   そしてまだ1輪しか咲いていないという(-_-;
   栽培スペースに問題があるのかもしれません。
   来期はそのあたりをもう少し見直してみようかと思います。
   初夏から生長がスピードアップして脇芽も採れました。
   ヤフオクなんかでも結構早くから出品されてましたので、来期はかなり値下がりしそうな予感がしています。
SiamPurple1.jpg


   ○サイアム・ピンク(N.'Siam Pink')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   まだ花は観られていませんが、間もなく観られそうです。

   ○サイアム・ピンク・チップスN.'Siam Pink Tips')
   今年junjiさんよりお譲り頂いた品種です。
   植付けから2カ月で咲いてくれて良かったです(^^;
   淡いピンク色の花でやはり他の温帯性睡蓮や熱帯性睡蓮では観たことが無い色ですね。
   葉はこちらもISG種らしく柄が入ります。
SiamPinkTips.jpg


【熱帯性睡蓮】(Tropical Waterlily)
 花は温帯性睡蓮には無い青、紫を含め、ピンク、白、黄色、赤(*)ととてもカラフルです。
 *昼咲きの熱帯性睡蓮には赤色の品種は無く、赤色の花を咲かす熱帯性睡蓮は夜咲き品種にしかありません。
 夜咲きの品種がある。
 また、花は花柄(茎)を水面から高く上げて高い位置で開花します。
 とても良い香りを持っている。
 葉には模様がある品種が多く、葉の周囲はギザギザになっているものが多い。
 基本的には日本だと越冬処理が必要(一部屋外で越冬できる寒さに強い品種もあるみたいだけどハイリスク)
 株はチューリップ等のような球根みたいなもの。
 ムカゴを作る品種があり、ムカゴを作る品種ではムカゴで株を殖やせられる。

  ◇青・紫花
   ○ティナ(N.'Tina')
   昨年ホムセンで購入したもの。
   熱帯性睡蓮の入門種ですが、色も熱帯性睡蓮らしい紫ですし香りも良いです。
   また花上がりも良いですし、多花性なので複数輪同時咲きも観られます。
   ムカゴ種で、葉のほぼ全部といっていいほどムカゴを作ります。
Tina_01.jpg

Tina_02.jpg

   ○紫式部(N.'MurasakiShikibu')
   昨年末にSLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   花の外側が濃い紫で中心に向かい薄くグラデーションしている美しい花を咲かせる品種です。
   多花性で花上がりも良く5輪咲き6輪咲きも観られました。
   またムカゴ種であり、こちらもほぼ全部の葉にムカゴを作るため株を簡単に殖やすことができますね。
Murasakishikibu_01.jpg

Murasakishikibu_02.jpg

   ちなみに、水槽でも花を観ることができました♪
Murasakishikibu_03InTheQauqrium.jpg
   
   ○ブラック・プリンス(N.'Black Prince')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   温帯性睡蓮のブラック・プリンセスとは違い青い花を咲かせます。
   熱帯性睡蓮では珍しく、葉にギザギザがありません。
BlackPrince_01.jpg
   イマイチ調子が良くなくて4号鉢から5号鉢へ鉢上げしようかと思ってたら3号鉢に植え付けていたという失態…掘り上げてみると3つに分球していてポロっと簡単に取れたので元のバルブと合わせて現在4株育成中。
BlackPrince_02.jpg

   ○サザン・チャーム(N.'Southern Charm')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   花の外から中心部分に従い黄色くなっているので花がふんわりしている感じがします。
   花上がりはとても良いですね。
   花も大きめじゃないかな?と思います。
SouthernCharm.jpg

   ○スター・オブ・ザンジバル(N.'Star of Zanzibar')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   濃い紫とシャープな花弁が特徴かな?ウルトラ・バイオレットに似ている感じがするけど花弁の数はこちらの方が少ない?
   花上がりも良いですし花自体も比較的大きいと思います。
StarOfZanzibar_01.jpg

StarOfZanzibar_02.jpg

   ○タングルウッド・ブルー(N.'Tanglewood Blue')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   薄いブルーで結構大きい花を咲かせます。
   うちでは花が大きいので結構目立ちますね。
   ただ退色が激しくて2日目くらいから花弁の青が薄くなり花弁の先に赤が乗ってきます。
   こちらも花あがりが良いです。
TanglewoodBlue_01.jpg

TanglewoodBlue_02.jpg

   ○ブルー・ビューティー/ペンシルベニア(N.'Blue Beauty'/N.'Pennsylvania')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   調子を崩してしまい、初めて花が見られたのは9月初め。
   花上がりが良くて強靭らしいのに…何かやったかな>俺?(^^;
BlueBeauty-01.jpg
   淡いスカイブルーの花弁ということですが、この写真はまだ初花なので本来の色ではないのかも知れません。
BlueBeauty-02.jpg

   ○ウルトラ・バイオレット(N.'Ultra Violet')
   今期宮川花園さんより購入した品種です。
   名前の通り、濃い紫の花ですね。
   名前と花の色と姿が気に入って購入したのですが、花は大きいしメチャメチャ花上がりが良くて形もカッコイイのでとても気に入っています♪
UltraViolet_01.jpg
   初日から徐々に変わってくる花の形も良いですね。
UltraViolet_02.jpg

   ○オーガスト・コーチ(N.'August Koch')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   ライトブルーの花を咲かせます。
   ムカゴ種で比較的ムカゴはできる方じゃないかな?と思います。
   今年は蓮の鉢の元に置いていたのでちょっと日当たりが良くなくて発育もイマイチだったかもしれません。
   来年は栽培ポジションを考えないとな~(^^;
AugustKoch.jpg

   ○ギガンティア(N.'Gigantea')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   オーストラリアの原種の睡蓮です。
   水深が深くないといけなくて水深60cm(鉢植え50cm)の甕でうまく育ってくれています。
Gigantea_01.jpg
   この環境で花上がりは凄く良いですね。
Gigantea_02.jpg
   花も大きく、高い位置で開花するので良く目立ちます。
Gigantea_03.jpg
   花も5日程度咲いてくれているので平日観られなくても土日に観られるチャンスは多いかと(^^;

   ○ジェニファー・プレスネル(N.'Jennifer Presnell')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   まだ開花は観られていませんが何とか今年中に観られないかな(^^;

  ◇桃花
   ○ダーシー・プレスネル(N.'Darcy Presnell')
   今年宮川花園さんより購入した品種です。
   細いシャープな花弁で、蕊の黄色、花弁の内側が白で外側がピンクと3色の美しいお気に入りの品種です。
   ただ、暑い時期に調子を崩してしまい花が咲かないまま蕾の状態で朽ちていました。
   もしかしたら暑さに弱いのかもしれないです。
   8月下旬に気温が下がり出してからは復調の兆しが見えたので9月にもう一度花が観られるかな?と期待しています。
DarcyPresnell_01.jpg

DarcyPresnell_02.jpg

   ○マイアミ・ローズ(N.'Miami Rose')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   花自体はそれほど大輪ということはありませんが、濃いピンクの花が良く目立ちます。
   花上がりも良いです。
   退色もあまりなく結構気に入っています。
MiamiRose_01.jpg

MiamiRose_02.jpg

   ○トロピック・サンセット(N.'Tropic Sunset')
   昨年末にSLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   花の中心から外に向かい黄色からピンクへのグラデーションが美しい花を咲かせる品種です。
   ちなみに、ムカゴ種ですが、この品種はほとんどムカゴを作らないようですね。
TropicSunset_01.jpg

TropicSunset_02.jpg

   ○リンジー・ウッズ(N.'Lindsey Woods')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   うちの環境だからなのかわかりませんが、花はあまり大きくありません。
   ピンクというよりは赤紫といった感じの花を咲かせます。
   花上がりはそこそこ良い感じです。
   こちらもムカゴ種で、そこそこムカゴを作ってくれます。
LindseyWoods_01.jpg

LindseyWoods_02.jpg

   ○ブルズ・アイ(N.'Bull's Eye')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   植え付け以降調子があがらず8月下旬に思い切って掘り上げて根洗いした後鉢を4号から5号にサイズアップ(鉢上げ)したところ、1ヵ月後の9月下旬にようやく初開花が観られました。
   濃い赤紫でシャープな花弁の八重咲き品種です。
BullsEye_20140927-05.jpg

BullsEye_20140927-08.jpg


  ◇白花
   ○ラプソディー・イン・ホワイト(N.'Rhapsody in White')
   今年宮川花園さんより購入した品種です。
   細いシャープな花弁の花を咲かせます。
   なかなか花上がりが良いですが、一時期(暑い時期)に少し花上がりが落ちた時がありました。
   相対的にみればとても花上がりは良いように思います。
   2日目以降に花弁が全開になった時の姿はカッコイイですよ♪
RhapsodyInWhite_01.jpg

RhapsodyInWhite_02.jpg

  ◇黄花
   ○カリエンテ(N.'Caliente')
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いた品種です。
   熱帯性睡蓮の黄花種が欲しくて無理を言って譲って頂いて、うちにある熱帯種では唯一の黄花種となりました(^-^)
   花の黄色は薄いので派手さはないですが可憐な感じです。
   花弁の形も普通種っぽくて特徴的では無いですが、葉は派手に柄が入っています。
   とっても爽やかな良い香りがします。
   Caliente_20140917-02.jpg



【蓮】(Lotus)
 蓮の花は(すくなくともうちにある品種は)、1日目はあまり開かず2日目以降にバーっと開きます。
 花は高い位置で開花します。
 とても良い香りが開花1日目から辺り一面漂います。
 葉も最初は浮き葉を出しますが生長に従い立ち葉となって高い位置で広がります。
 蓮の葉は撥水します(睡蓮の葉は水をはじきません)。
 株は蓮根です。

   ○爪紅茶碗蓮
   名前の通り、花弁の先が赤くなる(爪紅)、一重咲きの茶碗蓮です。
   何年も前におかんが購入してきたものです。
   植付け容器は直径30cmくらいの鉢でも結構咲くみたいですが、うちでは直径55cmの陶製の蓮鉢と、チャームの睡蓮鉢×2,それに40cmポット×2の5鉢で作っています。
   もともと花上がりは良いようですが、鉢が大きいほど花も大きくなり花上がりも良くなるようですね。
   今年は9月上旬まで開花しそうです。
TsumabeniChawanbasu_01.jpg

TsumabeniChawanbasu_02.jpg

TsumabeniChawanbasu_03.jpg

TsumabeniChawanbasu_04.jpg

   ○八重茶碗蓮
   名前の通り、八重咲きの茶碗蓮です。
   こちらは花弁全体が赤くなります。
   こちらも何年も前におかんが購入してきたものです。
   植付け容器はこちらも直径30cmくらいの鉢でも結構咲くみたいですが、うちでは直径45cmの陶製の蓮鉢と、チャームの睡蓮鉢,漬物樽(直径40cmくらい)、それに40cmポットの3鉢で作っています。
   こちらももともと花上がりは良いようですが、鉢が大きいほど花も大きくなり花上がりも良くなるようですね。
YaeChawanbasu_01.jpg

YaeChawanbasu_02.jpg

YaeChawanbasu_03.jpg

YaeChawanbasu_04.jpg

   ○蜀紅蓮
   今年宮川花園さんより購入したものです。
   赤い一重咲きの品種が欲しかったので購入しました。
   国産の蓮で最も赤い花だそうです。
   事実かなり赤いですね(^^;
   中型種と言われるもので直径50cm以上の鉢を推奨されています。
   うちでは直径55cmの陶製の鉢で栽培しています。
   茶碗蓮よりは開花数は少なかったですが、そこそこ咲いてくれました。
   真っ赤な花なので咲いていると良く目立ちます。
Shokkoren_01.jpg

Shokkoren_02.jpg

Shokkoren_03.jpg

Shokkouren_04.jpg

   ○一天四海
   今年SLACKERさんよりお譲り頂いたものです。
   大型で花弁は爪紅っぽいですが赤い部分に斑(ふん)が入る品種です。
   うちでは直径70cmのキングタライを使いました。
   花は2m近く茎を伸ばしたところで開花して花も直径30cmくらいあるので迫力があって遠くからでも良く見えます。
   さすがに大型品種なので葉っぱもデカイです(^-^)b
   花付きはそこそこ良かったように思います。
IttenShikai_01.jpg

Ittenshikai_02.jpg

IttenShikai_03.jpg

IttenShikai_04.jpg

蓮は来年、茶碗蓮の鉢を減らして黄花種と白花種を追加したいかな~(^^;


※この記事は↓「コメントする」がありますけどコメントできないようにしています
スポンサーサイト

テーマ: ガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク