最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1036位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
115位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

蓮の掘上げと株分け2016

先週末、同級生女子の旦那がやってる居酒屋さんに

連れは岩牡蠣(激ウマ!)を
20160227-SweetsPartyNight-X04.jpg
もう1人の連れが大量のケーキ
20160227-SweetsPartyNight-X09.jpg
でもって私が大量のマネケンのベルギーワッフルと
20160227-SweetsPartyNight-X08.jpg
同級生の女の子がクラブハリエのバームクーヘンを持ち込ませて頂きまして同級生と女子会というかスイーツパーティでした♪
20160227-SweetsPartyNight-X05.jpg
大量すぎたのでw最終的にお客さん全員巻き込んでスイーツパーリー♪
もちろん飲み食いもしましたよ(^^;
めっちゃ楽しかったw

またやりたいなぁ(≧▽≦)




にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 睡蓮・ハスへ


というわけで、やっとこの週末に蓮の掘上げと株分けを進めることにしました。
うちにある蓮は全部で7種類。
もともとおかんが昔に買ってた「爪紅茶碗蓮」と「八重茶碗蓮」に譲って頂いた「一天四海」と「天竺斑蓮」に自分で買い足した「蜀紅蓮」,「真如蓮」と「黄玉杯」の7種。
このうち、「一天四海」と「蜀紅蓮」を2鉢,「爪紅茶碗蓮」と「八重茶碗蓮」を3鉢ずつで計13鉢あります....多いなw

ってことで土曜日、午前中は雨が降らないということだったので雨が降る前に掘り上げ。
そして残りは天気が良いということで日曜日に片付けることに。
蓮根の出来が楽しみな反面、あまり太く無かったら...と心配もあります

掘り出す前にまずは蓮の鉢で越冬していたメダカを救い出します。
楊貴妃メダカ(パンダやダルマ混じり)もいくらか☆になっていたものの(90匹くらい?)無事越冬できたみたいです♪
20160227-Killifish_Youkihi-X01.jpg
一緒に入れてたドブガイも生き残ってました♪

フルメタルの親と昨年産まれの子も(5~60匹?)無事越冬できましたね。
20160227-Killifish_Fullmetal-X03.jpg
こっちもドブガイ生存♪
今年も良い子を産んでもらわないとね(*'∀'人)
※三色や小川ブラック,MIX,地元産のクロメダカもちゃんと無事越冬できていたようですが睡蓮の植替えはもう少し先なので今回はパス

メダカを掬って水を抜いていざ掘上げ!

~ 一天四海 ~
20150809-02_Ittenshikai-X04.jpg

一番大きいφ70cmとφ60cmの鉢というかタライに植えつけています。
まずはφ70cmの方をプッチンプリンのようにひっくり返して...
20170227-Lotus_IttenShikai01-X01.jpg
ここから今年植えつける種となる蓮根を頂芽を折らないように慎重に取り出しまして
20170227-Lotus_IttenShikai01-X02.jpg
...イマイチ...
次、φ60cmの方をドーンと...
20170228-Lotus_IttenShikai02-X01.jpg
ここでも種蓮根を取り出して
20170228-Lotus_IttenShikai02-X02.jpg
なんとか今年も引き継げそうかな?

~天竺斑蓮~
20150710-03_Tenjikumadarabasu-P01.jpg
これもφ60cmのタライです
20160227-TenjikuMadarabasu-X01.jpg
なんとかそこそこの種蓮根が採れそう
20160227-TenjikuMadarabasu-X02.jpg
まぁまぁかな?(^^;

~蜀紅蓮~
Shokkoren_02.jpg
これはφ60cmのタライと、お試しで植えたチャームオリジナル睡蓮鉢
20160228-Syokkoren-X01.jpg
チャームの鉢の方は育ちが悪いです(T-T)
まぁ昨年花芽は上がったものの咲かず立ち枯れでしたし...
20160228-Syokkoren-X02.jpg
それでもφ60cmの方でちゃんと種蓮根は確保できたので良しとしよう(^^?

~真如蓮~
20150727-03_Shinnyoren-X04.jpg
手前の白い花
こちらもφ60cmのタライ
20160228-Shinnyoren-X01.jpg
なかなか良いのが採れそうです♪
20160228-Shinnyoren-X02.jpg
数もそこそこ採れた(๑˃̵ᴗ˂̵)و

~黄玉杯~
20150823-04_Kougyokuhai_Tsumabeni-P01.jpg
これは50cmの陶製の蓮鉢で。
20170228-Lotus_Kougyokuhai-X01.jpg
なかなか太いのが採れそう?
20170228-Lotus_Kougyokuhai-X02.jpg
太めの2本、普通の1本、1本は予備

~八重茶碗蓮~
20150721-01_YaeChawanbasu01-X02.jpg
3鉢中2鉢を堀上げ。
まずチャームオリジナル睡蓮鉢から
20160228-YaeChawanbasu01-X01.jpg
細っそ...全然育ってない...orz
20160228-YaeChawanbasu01-X02.jpg
激細の蓮根で辛うじて種になる?ってのを1本だけ...トホホ
続いて55cm陶製睡蓮鉢
20160228-YaeChawanbasu02-X01.jpg
あれれ?こちらも細っそ(>_<)
20160228-YaeChawanbasu02-X02.jpg
チャームオリジナル睡蓮鉢のそれよりはマシだけども...いやぁ結構咲いてたしちゃんとオフシーズン入ってからも追肥も少しやってたんだけど...

~爪紅茶碗蓮~
TsumabeniChawanbasu_04.jpg

こちらも3鉢中2鉢を堀上げ。

まずチャームオリジナル睡蓮鉢
20160228-TsumabeniChawanbasu01-X01.jpg
見るからに細い(T-T)
20160228-TsumabeniChawanbasu01-X02.jpg
こんなのばかりなのか?

続いて55cm陶製睡蓮鉢
20160228-TsumabeniChawanbasu02-X01.jpg
お!ちょっとマシじゃね?
20160228-TsumabeniChawanbasu02-X02.jpg
これならちゃんと種として使えそう(ホッ)

あと2鉢は来週末に掘って植付けまで終わらせる予定(^-^)b
なんとか今年も引き続き蓮を育てていけそう♪

戦いの痕...
20160228-Lotus_RootDivision-X01.jpg
さすがにその夜から既に足腰筋肉痛で身体がバキバキでしたw
あ、新たな蓮栽培容器2つ(上の写真の左側にある紐の戸手付きの容器)を近所の漁師のところのおばちゃんから提供頂きました(^^;
チャームの睡蓮鉢とチェンジ♪

あ、今回蓮根の育ちが悪かったのは何だったんだろう?
容器の問題では無いと思う(だって一昨年はちゃんと育ったもの...)
もしかしたら用土の問題なのかも?
今年もう一度チャームの睡蓮鉢で用土を工夫してやってみて確認してみるかな。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 睡蓮・ハスへ

誰ですか前半めっちゃ派手で後半めっちゃ地味って言っているのは?(^^;

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ: ガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

赤ランケ ~ 3rd Season ~ 「修羅場?」

最近ちまたでは猫を飼う独身男性が急増しているそうですね
テレビや雑誌なんかでもやたらと猫が取り上げられていて猫一色て感じです

うちには私が生まれたときから既に猫が居て、これまでず~っと猫が居たので自然と犬より猫派なので猫の人気が出てくるのは全然良いのですけれど、今の猫ブームって...誰かが作り上げた流行なんじゃないかと勘繰っちゃう(実際そうなんだろうけど)

何れにしてもちゃんと最後まで面倒見てあげるのなら全然良いのですけど...
以前のシベリアンハスキーブームやゴールデン・レトリバーブームのようにならないことを祈ります(-_-;
20160220-Ally_Watching_TvProgram_NekoAruki-01.jpg
「岩合光昭の世界ネコ歩き」に夢中のアリーさん

冒頭から失礼致しましたm(_ _)m


あ、そういえば、先日アルブカのナマクエンシスさんに花芽らしきものが見えてきました♪
Albuca namaquensis
20160221-Albuca_FlowerBud-X01.jpg
どれくらいで花が咲くのかなぁ♪
楽しみだなぁ(≧▽≦)




というわけで

赤ランケ - Leliella sp. Red -

連続して産卵しちゃった赤ランケなんですが、先日いつものように帰宅後に先日産卵した産卵筒を観察しようと水槽を覗きこんだところ、なぜか尾鰭が二つ産卵筒から見えていて、卵が数個産卵筒の外に落ちているのを発見!
なんだ?もしかして卵を守るのを放棄して次のメスとイチャイチャしちゃってるのかなぁ?
20160219-LeliellaSpRedBattle-X01.jpg

と思いきや!
どうも見ていると、産卵したい(と思われる)メスが無理矢理産卵筒に入り込んでいるみたいで、それを必死に押すが外に出そうとしていたようです。
しばらく様子を見ているとやっぱり産卵筒の外にメスが追い出されていました。
が、やっぱりメスは卵が産みたいのかわかんないけどまた産卵筒に入ろうと近づいてきまして
20160219-LeliellaSpRedBattle-X02.jpg
オスは必至にメスを追い返すも強引に産卵筒に入り込んでいくのでした...

やっぱりオス1匹にメス3匹だとうらやましい大変なんだなぁ
もう1匹オスを探さないといけないみたいですね(^^;

にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

さて、この卵、間も無く孵化のタイミング(のハズ)です。
今度は上手く稚魚を確保できるかなぁ


テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

サラセニアの株分け

今日2月22日は猫の日だそうですよ
ということでせっかくなのでにゃんこの写真を少し(^^;

ごめん寝アリー(✿´ ꒳ ` )
20160130-Cats-X03.jpg

ごめん寝アリーその2❤(。☌ᴗ☌。)
20160219-Ally-X02.jpg

天然ウリエル(o^∀^o)
20160130-Cats-X04.jpg

寝ぼけ顔チョロ(๑◔‿◔๑)
20160219-Uriel-X01.jpg

寝相がおかしいチョロ(o^∀^o)
20160221-ChoroSleeping-X01.jpg

ばんざいトトロとチョロ╰(*´︶`*)╯
20160130-Cats-X01.jpg

毎日癒されるにゃんこ達に感謝(*'∀'人)♥*+

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ


さて話は変わってw

週末はまた天気が崩れるということだったんですが、日曜日は案外雨もあまり降らなかったので先送りしていたサラセニア(食虫植物)の株分けと植え替えそれと、先日睡蓮繋がりで仲良くさせて頂いている方から貴重な品種をお譲り頂きましたので植付けをしました。

サラセニア - Sarracenia -

ちなみにサラセニアとは...
--- Wikipediaより引用 ---
サラセニアは、筒状の葉を持ち、それを虫を捕らえる落とし穴として使う食虫植物で、湿地に生える多年草である。
中略
多くの種では葉の背中側の部分が丸く突出し、前にまがって入り口の少し上の空間で傘のように広がり、蓋の形になる。蓋の裏面には下向きの毛が密生し、昆虫が滑り落ちやすくなっている。筒の腹面側の外側には一枚の縦に伸びるヒレがある。葉全体は緑色で光合成も行う。夏以降などにはヒレの部分のみが発達し、管状の部分が小さくなった剣状葉を出す。その様子はいわゆる単面葉である。特に温暖な地域を除いて、葉は冬には枯れ、茎のみが越冬する。

春から初夏に花をつける。茎の先端から伸びる花茎は、先端に丸い蕾をつけて立ち上がり、次第に伸び上がりながら、やがて茎の先端は曲がって蕾は下を向く。花は葉よりも高く伸びた花茎の先端に一つだけつく。
---------------------

ようするに食虫植物なんですけど、導入のきっかけは、、、
ずいぶん昔に食虫植物を色々と育てていた時期があったんですが、なにせ夏に枯らす、冬に枯らす、虫はあまり捕らないということで結局やめちゃったんです。
もちろんその当時にサラセニアの存在はマッタク知らずでした。
ところが、睡蓮や他の植物を育て初めたこともあり、虫対策でまた食虫植物に興味が湧いてきて、その当時はまだ全然普及していなかったインターネットを使って調べていくうちに、耐暑性も耐寒性も高くて普通にずっと屋外で育てられるというこのサラセニアに辿り着いたのでした。
そして導入したらもうめちゃくちゃ捕虫力が高い(当社比)!
ハエは勿論、コガネムシやデカイ蜂なんかも捕ってくれてましたからねぇ♪
できればたくさん増やしてそこらじゅうに置いておきたいなぁと思ってます(^^;
ちなみに、品種もたくさんありますけどさすがにコレクションするところまではハマってはないですw
っていうかこれもはまるとヤバいヤツみたいですし...懐的に...


というわけで(やっと)株分け&植替え開始です(^^;
あ!植替え時期は1月~2月の休眠期が良いとされていますよ(^-^)b

サラセニア・レウコフィラ - Sarracenia Leucophylla -
恐らく交雑種と思われ...

一昨年購入時点では2株だったバルブは、昨年3つにしかならなかったのでそのまま植え替えだけしたのですが、今年は全部で5つになっていました。
20160221-SarraceniaLeucophylla-X02.jpg
この用土はアク抜き済みのベラボン(S)に鹿沼土とパーライトの混合用土です(割合は...忘れたw)
まず取り出して用土を落して根洗い
20160221-SarraceniaLeucophylla-X03.jpg
これが良い感じで育っているのか生長不良なのかはわかりませんw
でも結構モサモサなので良いんじゃないかと(^^;
ただこれ、どうやって株分けするんだ?と悩んでスマートフォンでググってみました...良くわかんなかった(--;

ってことで、分けられそうなところを持ってぐりぐりしていたら上手く取れそうだったので思い切って...
20160221-SarraceniaLeucophylla-X04.jpg
バルブ2つと3つの2株に株分けできました(^^;

さっそく植付け。
まずバルブ2つの株は今回水苔単用で植え付けてみました。
20160221-SarraceniaLeucophylla-X05.jpg
噂では水苔だと1年で植替え必須とのことです。
ハイグレードな水苔だと数年いけるらしいのですが、この水苔はAA+よりは上なので多少長持ちなのかな?
でもあの根っこを見ると植替えの時大変なんだろうなぁ...

そしてもう1株は昨年同様にベラボン(S)に鹿沼土とパーライトの混合用土で。
20160221-SarraceniaLeucophylla-X07.jpg
昨年は花が見られなかったので今年は咲いて欲しいなぁ♪

あ、ついでに昨年追加で導入したサラセニアも植え替えしよう。

サラセニア・フラバ - Sarracenia Flava -
こちらは多分ちゃんとした品種だと思いますw

こちらもベラボン(S)に鹿沼土とパーライトの混合用土で植付けました。
20160221-SarraceniaFlava-X01.jpg
実はこちら、昨年あまり生長が良くなくて...今年は上手く育ててあげたいなぁ

あと、同じサラセニアの仲間でプシタシナっていう品種もあるんですが、それは...また今度(^^;

にほんブログ村 花・園芸ブログへ


続いて譲って頂いた貴重な睡蓮の植付けをしていきます。
※植え方が気になる方は昨年の記事を参考にしてください(^^;

ってなわけでこちら、国産のピンク系小型種の耐寒性睡蓮とパステルピンクの耐寒性睡蓮
20160221-PinkWaterlilies-X0.jpg
それと、三色になるメダカ(^^;
そもそも三色メダカ(楊貴妃三色透明鱗)は居るんですけど、どうも白が上手く出ない(抜けない)ので、以前購入したところとは別のところから新しい血を入れてみます♪
パステルピンクの睡蓮は諸事情によりこの後加温水槽でしばらく管理します。

そしてこちらは紫系の耐寒性睡蓮2種です♪
20160221-PurpleWaterlilies-X01.jpg
と、こちらも三色だけどヒレが長くなる(かもしれないwww)メダカ(^^;
三色か紅白が欲しかっただけなんですけどねぇw
うまくヒレが長くなってどっさり増えたら...エヘヘ(^^?

貴重な睡蓮をお譲り下さいましたブロ友様、このたびは本当にありがとうございましたm(_ _)m
なんとか開花写真をアップできるように上手く育てていけるように頑張って管理します♪

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 睡蓮・ハスへ

今年は少し栽培エリアを拡大できたので大輪の花やたくさんの花が見られると良いなぁ(*´ω`*)

週末晴れてくれないかなぁ...

テーマ: ガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

赤ランケ ~ 3rd Season ~ 「また産んだ?」

週明け二日目、また雪が積もりました♪
20160216-Snow-X01.jpg
20cmくらいかな?
20160216-Snow-X02.jpg
もうそろそろ雪はやめて頂きたいのですが…この日は朝から良いお天気だったので、青空と雪のコントラストがとてもキレイでした♪
20160216-Snow-X06.jpg
さすがに気温も低くて至るところが路面凍結していてノロノロ運転で渋滞しているのでシャッターチャンスがたくさんありました(^^;
20160216-Snow-X07.jpg
田んぼも真っ白です♪
20160216-Snow-X08.jpg
田舎ならではって感じでしょうかね(^^;
20160216-Snow-X10.jpg



ところで、先日Instagramでユーザさん(フォロワーさんだったか忘れた^^;)の写真を何気に眺めていたら面白そうな本がアップされていたので早速熱帯雨林さんで探して見つけてすかさずポチっとな♪

そして届いたのがこちら
20160216-CAPEBULBBOOK-X02.jpg
UNDERGROUNDS -CAPE BULB BOOK-
※クリックすると熱帯雨林のこの本のところへジャンプ!

例のクルクル植物をはじめとした南アの球根植物の図鑑です♪
以前BRUTUSの表紙を飾ったコレ
20160216-CAPEBULBBOOK-X05.jpg
や、うちにもあるコレ
20160216-CAPEBULBBOOK-X04.jpg
はもちろん、ほかにもたくさん掲載されています♪

そして嬉しいのは育て方が書いてあること(^^;
20160216-CAPEBULBBOOK-X03.jpg
他にも生産者さんのインタビュー的な記事も載ってたりと図鑑としてだけじゃないとても良い本だと思います(^-^)b
全部載せちゃうと著作権的に問題があると思うので、気になる人は買ってみてね(^^;




さて、いつも通り前置きがなりましたが、前記事で赤ランケの2nd Seasonとして書いたわけなのですが、なんと昨夜また産卵してました(^^;
というわけで

赤ランケ - 3rd Season - を 2nd Seasonと同時進行しますw
とはいえ、3rd Seasonは恐らく孵化するまでの10日間はトラブルさえなければ何も変化は無いと思いますが...

赤ランケ - Leliealla sp. Red -

前記事で最近のラブラブ状況を書いたんですけど、ここ2日ほどはラブラブはしているものの産卵はまだしていませんでした。
ところが昨夜覗いてみると...産卵筒の外に卵が産卵...散乱してる!?
そっと産卵筒の中を覗くと産卵筒の入り口付近に卵が数個見えます!
おっ!ついに産んだよ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و
20160216-LeliellaSpRed_Spawning-X01.jpg

ちょっとわかりにくいのでトリミングして赤○を付けてみましたよ。
20160216-LeliellaSpRed_Spawning-X03.jpg
えっとでもなんか少ないなぁ...まぁでも父ちゃん、続けざまだけど頑張って卵守ってくれ!(^^;

でもって、とりあえず散乱していた卵数個はスポイドで吸い出して砂が付着していたので手でそっと取れる分だけとってある程度キレイにして赤ランケの稚魚の居るベビーBOXに入れておきましたが、最初の産卵の時に砂のついた卵は水カビでダメになったのでもしかしたらこれもダメかもしれませんね...

そして翌朝、暗闇の中スマホのLEDで産卵筒の中を照らしてみると、奥にたくさん卵がありました(≧▽≦)

コレで本格的に赤ランケ屋開店に向けて勢いがつきそうです!

にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

あれ!?赤ランケ屋するんだっけ?

テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

赤ランケ ~ 2nd Season ~ 「生まれた」

この土日は暖かかったですねぇ
こちらでも最低気温10℃~12℃、最高気温17℃~19℃だったので家の中だと半袖Tシャツで十分過ごせました♪
まぁそれでもにゃんこたちにはまだ少し寒いようで、いつものように膝上に乗ってきて
20160214-Totoro-X01.jpg
しばらくするとこの有様です(^^;
20160214-Totoro-X05.jpg
こうなったらちょっとやそっとじゃ起きませんからねぇ(^^;
このまま一時間ずっとこの体勢だったので足が痺れてきましたよマッタク(*´ω`*)

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

あ、そうでした、バレンタインデーだったってことで、うちのお魚達に久々に赤虫を上げましたよ~♪

楽しいね~♪
にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
…バレンタインデー?はて?

そして、翌月曜日(今日!)
20160215-SnowDay-X06.jpg
一転気温は1℃、最高気温4℃!
前日との気温差-14℃(*>_<*)
意味わからんw




というわけで、前記事でちょこっと触れましたが、「ぶらり途中下車の旅2」から戻った翌日の朝のこと、1/23にリセットした赤ランケ水槽の45Hで卵が孵化してました!

赤ランケ - Leliella sp. Red -

20160210-LeliellaFry-X01.jpg
これ以外にもガラス面には無数の稚魚がペタペタくっ付いていたのですが、この水槽にはこの稚魚を食べる魚など居ないと勝手に思った私は「仕事から帰ってから稚魚を採取しよう」とそのまま仕事に向かい、帰ってくると…
あれだけガラス面に居た稚魚が全然居らん?なんで?
もう頭の中に?が乱舞しています...orz
それでもくまなく探してみると…なんとか1匹だけガラス面にくっ付いている子を発見!
すかさず捕獲しまして、水槽内に設置したニチドウのベビーボックス・プラスへ解放
一息ついて見ていると…あれ?1匹しか入れてないよなぁ?
なんで2匹いるんだ?と思ったらベビーボックスの外側に稚魚が張り付いているではありませんか!?
すかさず捕獲!
さらにしばらく見ているとまたしてもベビーボックスの外側に1匹…と結果3匹が確保できました♪
20160211-LeliellaSpRedFry-X03.jpg
まだヨークサックが残ってるのがなんとなくわかると思います♪
そして更に翌日もう1匹(^^;
20160213-LeliellaSpRedFrys-X01.jpg
というわけで現在4匹の赤ランケの稚魚を鋭意育成中です♪
あ、この赤い網ですが、ニチドウのベビーボックスプラスには水が抜けるように左右にスリットが空いていまして、そのスリットが赤ランケの稚魚には少し大きいんですね。
そのために前回の稚魚飼育の時に何度か脱走されて1匹逃した苦い経験があります。
なので今回はその教訓を生かしてこのスリットから逃げられないようにこの目の細かい網をくっ付けて稚魚が本水槽に流出しないようにしてみました。
ホントはステンレスの網とか使えばもうちょっと見栄えが良いんでしょうけど…次考えます(^^;

そしてこれが5日目の稚魚
20160214-LellielaSpRedFrys-X02.jpg
白いモヤモヤみたいなのはクリーンワムシとcraftさん直伝の秘伝の餌を混ぜたものです。
餌をあげた直後だったのでちょっと見苦しいですが、まぁ気になさらずに(^^;
20160214-LellielaSpRedFrys-X03.jpg
もうヨークサックもわからないくらいになっています。
今朝みたら結構餌を食べてたようでしたのでこれからぐんぐん成長してくれることでしょう♪

こちら頑張って孵化まで卵を守り続けたおとうちゃん
20160211-LeliellaSpRedDaddy-X01.jpg
お疲れ様~

とか思ってたら

さっそくラブラブモード全開中でしたw


そして更に、うちの赤ランケは昨日までずっと♂1匹,♀3匹だと思っていたんですよ。
そしたら…
20160214-LellielaSpRed_Man-X01.jpg
この垂直に流木に張り付いてる子、髭が生えてきてましたwww
これで♂2匹,♀2匹になったんだけど…これってバランス的にどうなんでしょうか?
ま、いずれにしろ今後も目が離せない赤ランケたちです(^^;

にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

赤ランケをそんなに増やしてどうすんだよ!ってどうするんだろw



続きを読む

テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

ぶらり途中下車の旅2

今年の冬は雪が少なくてホントに助かります♪
なので今年は例年よりも早く蓮や睡蓮の植替えができそうかな?
ちなみに、植替え時には余剰蓮根や温帯種の睡蓮の脇芽も採れると思うので、興味がある方で一般販売されている品種でよければ一声おかけください。
ブログにコメントを頂いたりLINEやTwitter, facebook, Instagramで繋がりのある方限定でお譲り致しますm(_ _)m


というわけで前回の続きです。

ぶらり途中下車の旅パート2

zinさんちをあとにして、またまたzinさんに連れて行って頂いた先は...

20160207-RoughsCard-X01.jpg
Rough StyleRoughさんち(灬╹ω╹灬)┣¨キ┣¨キ*

初訪問させて頂きましたm(_ _)m
お部屋に入ると...こんな部屋欲しい(° ꈊ °)✧˖°
20160207-RoughsRoom-X01.jpg

この巨大なホマっ!
20160207-RoughsRoom-X02.jpg
圧倒的な存在感♪

キレイに管理されているブセっ!
20160207-RoughsRoom-X03.jpg

もちろんオネマもっ!
20160207-RoughsRoom-X04.jpg

水中にはこれまた美しいエキノさんたちっ!
20160207-RoughsRoom-X05.jpg
もっともっと他にもたくさんあって葉っぱ音痴の私にはまだよくわからない種類の葉っぱもあったり(殆どわかってないけれども...)して、でもみんな健康的でちゃんと管理されてて凄いです。
もうね、やっぱり葉っぱ飼うならちゃんとやんないとダメなんだなと改めて思いました(-_-;

そしてステキビバリウムにこの子、アズレウスさん(*'∀'人)
20160207-RoughsRoom-X06.jpg
zinさんちの子とはまた全然違うタイプですがとっても魅力的です♪
ほら!なんでしょこの妖艶な色柄とツヤは(*´ω`*)
20160207-RoughsRoom-X07.jpg
実はこの子ともう1匹、どうしても顔を見せてくれなくって無理矢理出てきて頂いたのです。ごめんね(^^?
もう一匹は「ゼッタイイヤ!」って出てきてくれなかった(^^;

今後デカイケージで色々されるようですし今後も目が離せませんね(^-^)b

いやぁ楽しかった~♪
ホントに色々勉強させて頂きました。
あと、初心者的な質問ばかりですみませんでした(^^?
Roughさんホントにありがとうございましたm(_ _)m


この後更に更にzinさんにお世話になり向かった先は...


こちら、増岡ファームさん
20160207-MasuokaFarm-X02.jpg
調子良さそうな水草がたくさんあります♪
また有茎草やりたくなったらお世話になります(^^;

流木たち♪
20160207-MasuokaFarm-X01.jpg
この日新しくマングローブ流木が入荷していたのですが...これまで集めた流木があるので今回は泣く泣く見送り(T-T)
今思えば買っておけば良かった...orz
ここではzinさんと増岡さんとの間でピ~~~~~~~~~~~な会話をされていたので割愛しまして(^^;

私が荷物を東京駅に預けてきたばっかりにちょっと中途半端な状態で増岡さんのところを後にすることになってしまいました...zinさんホントすみませんでした(-_-;

最後に最寄り駅まで送って頂きいざ那須へ

zinさん、ホントに最初から最後までお世話になりっぱなして申し訳ありませんでした
ほんとにありがとうございましたm(_ _)m

おかげで東北新幹線の車中でガツを頂く事ができました♪
20160207-GatsuAtTohokuShinkansen-X01.jpg


この次(があるかわからないけれども...)、zinさんとRoughさんのお部屋がどんな感じになっているのか楽しみです♪
増岡さんのところも今後目が離せませんね(謎)


にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ にほんブログ村 花・園芸ブログへ


気分良く那須に行けたこともあり、翌日と翌々日の那須でのお仕事もなんとか上手く終えることができました♪
ちなみに、那須はやっぱり寒かったです(^^;
20160209-Nasu-X03.jpg
二日とも最低気温-6℃前後w
雪は無かったですけど朝はキンキンに冷えてます。
20160209-Nasu-X02.jpg
道路脇の植込みもパッキパキw

帰りは東京駅で深川めし弁当
20160209-TokyoStation-X01.jpg
隣の席のおっちゃんも同じお弁当w
京都で小腹が空いて阿闍梨餅
20160209-KyotoStation-X01.jpg
出張先の最寄り駅を15:00過ぎに出てようやく勤務先の最寄り駅に着いたのは22:20頃でした
20160209-ToyookaStation-X01.jpg
さらにそこから40分ほど車で走り自宅へたどり着いたのは23:00過ぎ
移動時間8時間。疲れました~
着替えてまったりしていると至福の刻
20160209-Cats-X01.jpg
は~やっぱり家は良いなぁ(*´ω`*)

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

続きを読む

テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

ぶらり途中下車の旅1

唐突ですが、皆さん車のバッテリーの交換時期ってどうやって判断してますか?

最近車のバッテリーが弱ってきているらしく、朝エンジン始動するときのセルの勢いがなくなってきました
冬はどうしても気温が低いのでバッテリーは弱るんですが、こないだ連れの居るディーラーで点検してやるっていうので観てもらったらバッテリーの充電性能っていうの?あれが30%切って28%という結果に...

この状態に寒さも加わって朝はかなり弱々な状態になっているらしい

今度釣り遠征に行く予定なんだけど、出先でバッテリー上がられると大変だしそろそろバッテリー換えないといけないんだけど、それ以前に14年20万キロ弱走ってる車を替えないとなぁ
でも今欲しい車が無い...欲しい車はあるけどとても手が届くとは思えないしなぁ

皆さん、車の乗り換え時期ってどうやって判断してますか?
悩まなくても良いくらい潤沢な資金があれば良いんでしょうねぇw



さて、この週末から月火と那須でお仕事をしてきました。
その道中、折角休日移動で那須まで行くのだからと、東京駅で途中下車して折角の休日に無理言ってご自宅におじゃまさせていただいてきました♪
往路の富士山は山頂に雲がかかっていました...
20160207-MtFuji-X01.jpg


ぶらり途中下車の旅パート1

いつも東京に行くとホントにお世話になりっぱなしで最先端ビバリウムビルダーdarepmabi workszinさんにお迎えに来て頂いて(ホントいつもすみませんm(_ _)m)、まず最初におじゃましたのはこちら

zinさんち
20160207-ZinsRoom-X06.jpg
フィルターをメンテナンスされたとのことでキレッキレの水です♪

そしてイキトス発見!
20160207-ZinsRoom-X02.jpg
今回は良く見えるところに居てくれました(*^-^*)
バリアビリスは見つけられず、ニューフェイスのセミドリマンテラくんは見ることができたけど写真には収められなかった...残念

この子は頭(というのか胴というのか)に親譲りの柄があってちっちゃい足が生えてきててかわえぇなぁ(*´﹃`*)
20160207-ZinsRoom-X03.jpg
このケージのブセが前回訪れた時からかなり大きくなってました。
20160207-ZinsRoom-X01.jpg
その他の植物もすこぶる調子がよさそうです♪
そして前回訪れた時にはなかったケージ!
20160207-ZinsRoom-X05.jpg
隣にはまだ設置スペースがあるらしいwktk

お邪魔するたびに変化が!そしてセンスの良さに感動させられます!
そして自分では絶対こんなにかっこよくできないだろうなぁと凹みます(^^;

この後更にzinさんにお世話になり...パート2へつづくのでした(^^?


にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

続きを読む

テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

トラブル続発...トホホ

この週末の日曜日はひさしぶりに太陽の光が心地よかったです♪
なので集めていた流木のアク抜きを開始です。
プランターにドボンw
20160130-DriftWoods-X01.jpg
あとは落しブタにプランターの底ネットを使って沈めてやれば1ヶ月以内にはばっちり沈む流木になるでしょう♪
20160130-DriftWoods-X02.jpg

それから、折角なので、私の数少ない葉っぱさんたちをお外で潅水しました。
20160131-Aglaonema_Affusion-X01.jpg
Aglaonema pictum "eu緑三色" From P.Nias
Bucephalandra sp. "Sekadau 3"
Aglaonema pictum "EUREKA" Pulau Nias
Bucephalandra sp. "Sanggau"
Homalomena sp. insignis "Matang3"


オネマさんなんだか上手く仕立てられない悪寒がゾクゾクしておりまして...なんとかキレイに育ててあげたいのですが...
ブセは素焼鉢のSanggauがすぐにヘロヘロになるんですが水をあげるとシャキっとします。
Sekadau3の方はいつもビンビンなんですけどねぇwww
やっぱり素焼鉢が水はけ良すぎなのかなぁと...
ホマさんはずっと元気いっぱいです♪
気持ち良さげな葉っぱがステキです(*^-^*)

あ、そうだ。葉っぱといえば…うちは今余っていた45cm水槽を使って何とかうまく冬越ししてもらおうとしているんですが、これまでフタをサランラップにしていたんですよ。
でも、サランラップってメンテのときに水滴が垂れてきたり、再利用もしにくいしなんだか嫌だなぁと。
何か良いもの無いかなぁと思っておりましたら、以前45cm水槽のフタを塩ビ板で作ったときに確か45cm×30cmの塩ビ板だったことを思い出しまして、それならぴったりフタができるんじゃね?と。
ってなわけで、ホムセンから3mm厚の塩ビ板(450mm×300mm)を購入しまして、水槽のガラスが5mm厚なので、塩ビ板の外周を5mm幅のスポンジとか何かを貼っちゃえば結露の水滴も外に漏れないようにできるかも?
とこちらも購入。
20160127-Aglaonema_Cage_Futa-X01.jpg
左:戸あたり消音テープ(厚さ3mmx幅10mm)と右:防水テープ(厚さ7mm×幅10mm)
これを各5mm幅にカットして一番外側に消音テープ、その内側に防水テープを貼り付けます。
外側の戸あたり消音テープは直接ガラスの上に載り、内側の防水テープは高さがあるのでフタのズレ防止と結露の防水になるハズです(^^;
20160131-AglaonemaCage_Futa-X05.jpg
しかし…5mm幅のテープって無いんですねぇ。いやあるかもしれないけどこの田舎のホムセンには無かった...orz

そして、完成!
20160131-AglaonemaCage_Futa-X01.jpg
カッティングマットをどこに片付けたかわからず面倒になってハサミでカットしたらガッタガタでした...orz
ま、でも結露が外に垂れてこなければ無問題ですからね(滝汗)
水槽にセットしたところ。
20160131-AglaonemaCage_Futa-X02.jpg
ピッタリハマっててズレません(^o^)
多少浮いてても照明を乗っけるので大丈夫...のハズ...
20160131-AglaonemaCage_Futa-X03.jpg
以前からサランラップを止めたかったのでまぁ良しとしようw
20160131-AglaonemaCage_Futa-X04.jpg

あ!そんなことは置いといて.....



ここ最近トラブルが多発(多発ってほどでもないけれど)しておりまして...

- 闇夜に消えるアクアスカイ事件 -

うちでは水槽の照明を19:00~0:00の間点灯しています。
なので夜はシーリングライトを点けずに水槽の照明だけ点けているんですが、先日テレビを見ていると一部が急に暗くなって...
「ん?」と思って見渡すと、30C(ミスト管理している)のアクアスカイ301が消えている?
よ~く見るとかなり暗いけど点いてるみたい...
あれ?と思ってスイッチをOFF/ONしてみると一瞬明るく点灯するもすぐに暗くなる
こんな感じ
20160128-AquaSkyACAdapterTrouble-X01.jpg
これってもしかして例のスイッチの不具合かも?とADAへ連絡してみたところ、やっぱりうちのACアダプターは古いタイプらしい。
ってことで電話して翌日発送翌々日着、2日で新しいACアダプターを送ってもらいました。
20160128-AquaSkyACAdapterTrouble-X02.jpg

この左側が古いタイプで右側が新しいタイプのスイッチ部分です。
20160128-AquaSkyACAdapterTrouble-X03.jpg
そして交換して点灯確認...眩しい(^^;
20160128-AquaSkyACAdapterTrouble-X04.jpg
※画像加工してるのでこんな感じですけど輝く白さを取り戻しましたw

ちゃんと点いて良かったw
他のアクアスカイのスイッチもチェックして旧タイプなら全部交換しますよ♪ってことだったので今度調べて交換してもらおう。
皆様もご注意を!
ちなみに、特約店に持ち込んでも良いと思いますが直接やり取りした方が対応が早いかと思いますよ。
まぁこちらには特約店が無いので何れにしてもADAさんに直接お願いするしかないんですけどね(^^;


- 2213事件×2 -

うちの45H水槽(赤ランケ水槽)はこれまでフィルターは2213を2基(1基はクーラー用)使っていたんですけど、45H水槽のリセットをする1週間の水換えのときに事件発覚!!
水換えするのでフィルターの電源をOFFにしようと水槽台の扉を開いたら...なんだか濡れてる?
もしかして隣の60Wの水換えの時にこぼしちゃったかな?と思って様子を見ていると...!!!?
なんと45Hのフィルター1基のモーターヘッドとフィルターケースの隙間からジワジワと水が漏れているではありませんか!????
20160130-Eheim2213-X01.jpg
この隙間からジワジワと...

取り急ぎ水漏れしているフィルターを外して水浸しの水槽台を拭きましたが原因がわかりません(>_<)
一応もう1基2213が問題なく稼動しているのでしばらくその1基だけでろ過は任せ、翌週なんとか45Hのリセットを完了しました。
さてその問題の水漏れしていた2213ですが、この土日に原因究明しようとバラしてみました。
20160130-Eheim2213-X02.jpg
特に問題はなさそうですが、もしかしたらこのヘッドの中のOリングが劣化してたのかな?と。
仕方が無いので幸い予備に置いていた2213があったのでこちらを使うことに。
全部組み上げて設置前にバケツを使って試運転...あれ?ヘッドの排水口のホースを留めるネジ部分からジワジワと水漏れしていますよ(汗)
あ~ねじ込みが弱かったのかな?と思いもうこれ以上締まらないってところまで締めてもジワジワと水が染み出てきますよ...
おかしいなぁと再度ホースを抜いて、と...「あれ?抜けないなぁ」グリグリ、ボロっ...ハッ!?
20160131-Eheim2214_Broken-X01.jpg
ホースに排水口がくっ付いてました...orz
なんだよダメじゃん(T-T)
それならと水漏れしていた2213のヘッドカバーを外して排水口が折れたヘッドカバーと交換して試運転...NOooooooooo!!
またしても水漏れ...orz
おかしいなぁと思ってよく見たらこっちは排水口に亀裂が!?
なんと最初の水槽台の下で水漏れしていたのはおそらくこの排水口の亀裂と思われ...
もしかしたらその前の週に水換えしたときになんらかの衝撃で亀裂が入ったのかもしれません。
水漏れ発覚の前の週の水換えの時はなんともありませんでしたから...
仕方が無いので早速1台分だけモーターヘッドカバーを発注しまして、本日無事到着。
20160201-Eheim2213_NewMoterHeadCover-X01.jpg
もう一台の2213はサブフィルターを購入してヘッドカバーだけ流用することにしました。
だってヘッドカバーよりサブフィルターの方が安いんですもの(^^;
ホースとフィルターケース他は部品取りに持っておこうw


今回の水漏れ事故は完全に自分のミスというかいい加減さが招いた結果なんですが、皆さんも水漏れには注意してくださいm(_ _)m
あと、エーハのクラシックフィルターのホースを外すときは口を折らないように気をつけましょう...
え?お前だけだって?はい全くもってその通りでございます...orz


去年は結構良いことが続いていたので今年は油断しないように気をつけなければ....


にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


続きを読む

テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク