最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1225位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
118位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

今週のビオとニャンコ

このところ急激に忙しくなってきてしまって更新が疎かになってしまっております(>_<)
なので写真だけでも…

先日の週末にゴンネールとアーカンシエルとワンビサの芽欠きをしました。
ゴンネールは脇目が多かったのでスライドにて植替えを敢行
生長点が5つ見えます
Gonnere-Slide_20140628-01_02.jpg
まず(2)を手でグリグリしてポキっと折りまして
Gonnere-Slide_20140628-02.jpg
残りの(3)~(5)は固まってあるのでこのまま根茎にハサミを入れて右側をごっそり抜き取りまして
Gonnere-Slide_20140628-03.jpg
左側を右にスライドさせまして
Gonnere-Slide_20140628-04.jpg
空いた左側に施肥して用土を入れると完成!
#完成時の写真撮り忘れました(汗)
欠いた芽はこれだけ。
Gonnere-Slide_20140628-05.jpg
あと、アー・カン・シエルの小さな脇芽が1つとワンビサの小さな芽が2つ採れました。
とりあえず養生していますがどうにかして植えようかな?(^^;

ここからは写真だけです。すみません。

ワンビサの3輪目。
Wanvisa03_20140628-01.jpg
もう少しはっきりした変わり咲きを期待しましたが少しだけでした(^^;
Wanvisa03_20140628-03.jpg

間ににゃんこの写真も挟んだり
Cats_20140629-02.jpg

マンカラ・ウボンは5輪目
MangkalaUbol05-01-20140629-01.jpg

山形の弟から佐藤錦が届いたり
Cherry-SATONISHIKI_20140629.jpg
やっぱり美味しいね♪

ここでもにゃんこの紹介をしてみたり
Cat-Arry_20140629-01.jpg Cat-Uriel_20140629-08.jpg
左が母猫アリーで右が父猫ウリエル

ちらっと観るとミソハギ(盆花)が花を咲かせていました。
Misohagi-20140629-02.jpg

4輪目のムラサキシキブ
MurasakiShikibu01-04_20140630-06.jpg

またまたにゃんこの紹介を挟みまして
Cat-Choro_20140629-09.jpg Cat-Totoro_20140629-10.jpg
左がお兄さんのチョロ君で右が弟のトトロ君
トトロはお手とオカワリができるんですよ~

2輪目のアー・カン・シエルの3日目
Arc-en-Ciel02-03_20140703-02.jpg

5輪目のコンケラーの2日目
Conqueror05-02_20140703.jpg

バナナプラントがここにきて満開(笑)
BananaPlants_20140703.jpg

5輪目のムラサキシキブ…たぶん2日目
MurasakiShikibu01-05-02_20140703.jpg

これは別管理のムラサキシキブの1輪目(2日目)
MurasakiShikibu02-01-02_20140703-01.jpg
このムラサキシキブはミソハギを大量に栽培しているプラ舟のど真ん中にストックしていたもので、上から観ると…
MurasakiShikibu02-01-02_20140703-02.jpg
こんな感じ(^^;

よったけさん産の不明種・白の3輪目(2日目)
Unknown-White03-02_20140703-02.jpg

猫たちの視線の先にはアパートがあって、そこのベランダの手すりに猫が居るのに気が付いて眺めています(^-^)b
Cats_20140629-05.jpg
週末雨じゃななかったらまた外に出してあげよう♪

あ~忙しい(T-T)

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
いろんな睡蓮愛好家さんのブログで紹介されているので知っている方も多いかと思いますが

Waterlily-Book.jpg

睡蓮栽培初心者からベテランの方、これからやってみようかな?と思っておられる方にとってもためになる本が出版されました。
熱帯性睡蓮,温帯性(耐寒性)睡蓮の更にそれぞれのタイプ別の栽培方法が詳しく書かれていますのでとてもためになる本だと思います。

気になった方はお近くの本屋さんやAmazon等で(^^;
関連記事
スポンサーサイト

コメント

睡蓮がすごすぎてなんもいえない(T_T)

・・・・猫・・・

ウリエルとトトロは・・・・あくどい顔つきしてるねぇぇぇぇ
wwwww
そこがまたかわいんだけども!!!!

それにしても花が次から次へ!
忙しいのにお世話も大変だね

ウチもね!ついにマンカラちゃんの次の花芽を発見した!
やっぱり陽が当たるようにこまめなトリミングが必要だね。

ニャンコの可愛さはいわずもがな( ´艸`)
今回はみんな凛々しい。。
なんか睨んどる!
そこが可愛いw

中盤混乱してしまいました。
ウリボウさんが書くマンカラ・ウボンの次にサクランボからのウリエル君。
とにかく外で見るにゃん子たんも可愛いということがわかりました。

睡蓮が美しいのはわかるんだけど
何より画像が美しいですね!
目の保養になります。
佐藤錦もツヤツヤでめっちゃ美味しそうです。

あと…トマレに止まっている
ニャンズがたまらんかわいい。

Re: タイトルなし

moominさん

睡蓮あまりすごくないんですよね。
まとめて載っけてるからアレだけど、ポツリポツリなんです(^^;

お!よくぞうちの猫の性格を見抜きましたね!
ウリエルとトトロはいつもどんな悪戯しようか企んでる感じなんだよね~(笑)
でも悪どくは無いと思うんだけどな~(^^;

そうそう。どうあっても猫はカワユス(死語)ですよ(笑)

Re: タイトルなし

ちっぷしゃん。

世話なんてあんまり何もしてないんだけど…たま~に葉っぱが混んできたらカットしたりしてるだけで、あとはメダカに餌をあげてるだけなんだけどな(^^;

お!マンカラ・ウボンは2輪目!?
良かったぁ安心したよ♪
トリミングはやった方が全然花上がりが良いから「葉っぱ多いな~」って思ったらカットしちゃってね。
あ、そろそろ追肥しないといけないかも?

追肥する時は植えてある鉢を一旦睡蓮鉢から引き上げて、根茎から一番遠い鉢の際に指や割り箸なんかで穴をあけて、その穴に肥料を入れたら泥でフタをして、睡蓮鉢に戻せばOK。
肥料の数はとりあえず5~6粒くらいにしてみて様子を観てね。

あと、もしかして根茎が鉢の端まで到達してたりしない?
それか根茎が枝分かれした脇目がおっきくなっちゃったりしてるんじゃない?
もしそうならご相談を(^^;

にゃんこはどうあってもカワユス(シツコイ)(^^;

Re: タイトルなし

ハニさん

故意に関連性の無いものを間に入れて惑わすという作戦が成功したようですね(笑)

いやそうじゃないんです。
忙しいということを表現したかったんですよ(^^;

にゃん子たちは外に出しても繋がれた鎖からは逃れられないのです。
その限られた空間の中で楽しみを見出しているようですが…とても窮屈そうです(爆)

それでも近づくと甘えてくるのでキューンってなりますよキューンって♪

Re: タイトルなし

みゆきちさん

画像キレイですか?そうですか!
さすがミラーレス一眼!
全てカメラのおかげ(笑)
他力本願万歳です(^^;

佐藤錦は気が付いたら一気食いしてました(爆)
毎年送ってくれてるんですけど美味すぎです(*^o^*)

あ、あの「とまれ」ね、うちのにゃんこ用なんです(笑)

こんばんは~!
うちも芽欠きせねばならないのがありますが腰が重いです(^^;
ワンビサ変わり咲きしてますね(^^)
うちにも変わり咲きしそうな生長点があるんで今度植え付けてみますよ~!
変わり咲きするものは、他の植物でいう枝変わりとかの類と思ってます。
怪しい浮葉の出る子株は植え付ける!で合ってると思います(^^)
知人宅に行ったワンビサも半分緑で半分斑入りの葉でした。

そう考えるとノーマル、ハーフ&ハーフ、オールイエロー・・・。
3株くらい育てなきゃですね(^^;

こんちくわ!

舞桜さんのところでもこのスライドテクニック見てきました
このテクニックって一般的なんでしょうか?

「芽欠き」って言葉はじめて目にしました
ムカゴでないものはこうやって増やすんですか?

最後に紹介されている本、たぶん最近本屋でさらっと立ち読みしたものだと思います
名前は忘れましたが、紫色でまん丸い睡蓮の作出者でもあったような。。。

佐藤錦がチラチラと…(笑)
睡蓮きれいですね~♪
たくさん咲いて賑やかそう~

Re: タイトルなし

junjiさん

コメント遅くなってすみません

私も腰が重かったんですが、浮き葉が多くなりすぎてるのと、花つきがちょっと良くないな~と思っていたので思い切って芽欠きしました。
また他にもあるんですけど今回は3品種だけってことで(^^;

ワンビサはなぜか最初の1輪だけキレイに咲いてそのあとの花は今のところ全部変わり咲きです。
しかも中途半端な(^-^;

でもホント、3種類くらいローテーションで咲いてくれると嬉しいんですけどね(笑)

Re: タイトルなし

keibocchiさん

おはヨーグルトは飲むヨーグルトが好きなんです♪

あ~このスライドテクニックは私も去年からお世話になってる(笑)方法なんですけど、本格的に睡蓮栽培されている方の間ではかなり浸透しているやり方みたいですね。
温帯種だとこれで通年対応できるのでありがたいです。
それまでは株分けは「春」というように言われていたので伸ばし放題で途中根詰まりして花が咲かないとかそういう事態に陥っていたんですが、この方法だとかなり開花時期が伸ばせますね。
ただし、大きい容器だとそんな必要はないかなと思います。
あ、ただ、脇芽といって大本の根茎から枝分かれして小さい根茎が発生するんですが、そこからまた葉茎が伸びて、花芽が付いたりということになると、栄養が分散されてしまうので、花つきが悪くなることから、花の摘心のような感じで伸び始めの小さい脇芽をとってしまうという対策をする方が花つきが良くなるのでされているそうです。
これまで色々な本を読みましたけど、スライド植替えや脇芽の芽欠きは載っていませんね。

ドーベンなのど熱帯種の場合の芽欠きは、また別の方法でやるようです。
私も熱帯種はやったことが無いのですが、熱帯種はバルブといって球根のようなものか葉や花柄,根が伸びていくんですが、これも脇芽がバルブから出てくるので、それをある程度大きくなると欠いてやることで花付きを良くしてあげるようです。

ただ、去年の私の所有していたムカゴ種のティナの場合ですが、芽欠きといったことはしなくても大丈夫でした。
ムカゴ種だとそれほど考えなくてもいいのかもしれません。

温帯種も熱帯種もそれぞれ欠いた芽を別容器にまた植え付けると、温帯種の場合は根茎が伸びてきますし、熱帯種の場合はバルブを形成して成長するので、これで株分けができます。

熱帯種のムカゴ種で、ムカゴが沢山出来る品種、ドーベンやティナに関しては、葉に沢山ムカゴができるので、ムカゴで殖やす方が簡単ですよ(^-^)b


あ、この本はとても参考になるのでオススメですよ。
そうそう、えっとミロクとか。他にも色々ありますね(^o^)

Re: タイトルなし

kotoriさん

佐藤錦はホントに美味しいですよね~♪
今朝また朝食後につまんでました(汗)

睡蓮も蓮も今からが最盛期なのでもっと賑やかになると思うんですが、今年は気温が低くて曇りの日が多くていまいちな感じです(T-T)

でもこの週末はなかなか良い感じでした(^o^)/

今週は台風が気になりますね。
そちらもこちらも直撃コースに当たっているのでお互い気をつけましょうm(_ _)m

Re: タイトルなし

junjiさん

嬉しいお申し出を頂きありがとうございます。
メルアドがわからなかったのでjunjiさんのブログの方に鍵コメントさせて頂きましたm(_ _)m
あと、すみません。
頂いたコメントですが、公開コメでしたのでちょっとまずいかな?と思い削除させて頂きました。
申し訳ございませんm(_ _)m
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク