最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1951位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
198位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

頂いた睡蓮の植付けとオキチョビー

昨日ブログをリンクさせて頂いております、Douraku!のjunjiさんから貴重な耐寒性睡蓮が届きました。

Planting-02_20140712.jpg
左側がISGのサイアム・ピンク・チップス(N.'Siam Pink Tips')
右側が温帯性睡蓮のタン・クワン(N.'Tan-kwan')

junjiさん、この度は本当にありがとうございましたm(_ _)m

さて、大切に育てておられる睡蓮を譲って頂いたからにはしっかり育てないと!
ということで早速植付け作業を行いましたよ♪

まず用土を準備しました。
Planting-01_20140712.jpg
今回は赤玉土と余っていたチャームのビオの土を6:4位で混ぜてみました。
理由は特にありません(爆)
先月SLACKERさんよりお譲り頂いたサイアム・ピンクを5号プラ鉢からプランターへの植替えもするので少し多めに捏ねてあります。

さて、最初はタン・クワン(N.'Tan-kwan')から。
Planting-03_20140712.jpg
こちらはまだ株が小さいので5号の育苗用のプラ製浅鉢に植え付けます。

(1)容器の底に薄く用土を敷く
Planting-04_20140712.jpg

(2)用土の上に元肥を施肥
Planting-05_20140712.jpg
マグァンプKとIB化成。分量は適当(汗)

(3)更に用土を盛って株を容器の端から生長点を内向きにして植付け
Planting-06_20140712.jpg
この後、表土を赤玉土(小粒)でマルチングしたら散水ノズルのシャワーで表土のごみや濁りを取ってやれば完成

次はサイアム・ピンク・チップス(N.'Siam Pink Tips')
株を見てみると、どうも根茎は結構横にも脇芽を伸ばしていくみたいなので今回は8号の浅鉢に植え付けてみます。

(1)用土を鉢底に薄く敷いて元肥を施肥
Planting-08_20140712.jpg
鉢底に穴があいているのでそれは完全に塞いであります。

(2)用土を盛って株を置く
Planting-09_20140712.jpg
株はタン・クワンの時と同様、成長点を鉢の中心に向けて鉢の端に植え付け、ここから更に用土を盛っていきます。

(3)赤玉土(小粒)でマルチングして完成
Planting-12_20140712.jpg

今回は水鉢にベジプラを使ってみました。
株が大きくなってきたら別の水鉢に移動させます。
Planting-13_20140712.jpg
手前のプランターに植わっているのは植え替えたサイアム・ピンク

タン・クワンは今年は花が観られるかどうか微妙ですがなんとか大きく育って来年につなげられると良いかな?
サイアム・ピンク・チップスは上手くいけば今年花が観られるかもしれません。楽しみですp(^-^)q

junjiさん、本当にありがとうございましたm(_ _)m


その他今日咲いていた睡蓮や蓮です。

まずは初開花した睡蓮と蓮から。

サルフレア・オキチョビー(N.'Sulphurea Okeechobee')が初開花です!
SulphureaOkeechobee01-02_20140712-02.jpg
2日目でちょっと傷んでますが…(^^;
シャープで薄い黄色の花弁。なかなかキレイな容をしていますね。
ちなみに、この睡蓮は昨年秋にSLACKERさんよりお譲り頂いたもので、昨年秋は植付けした後ちょっと調子が悪くて心配していたんですが、ちゃんと咲いてくれました(^o^)
まだ花芽も待機しているので初日が観られるのを楽しみにしています♪

蓮からは爪紅茶碗蓮が開花しました。
違う水鉢から2輪が同時開花です。
TsumabeniChawanbasies-01_20140712-01.jpg
初日なのでこんな感じにポワンと咲いています。
TsumabeniChawanbasies-01_20140712-03.jpg
さっそくおかんは1輪を切り花にするといってバッサリカットしてました(^^;

というわけで、まずは蓮から。
八重茶碗蓮は3輪(2鉢)同時開花でした!
YaeChawanbasies_20140712-02.jpg
なので茶碗蓮エリアは…花盛り♪
Chawanbasies_20140712-01.jpg
そして蜀紅蓮も3輪目開花♪
ShokkoRen03-01_20140712-02.jpg
やはり中大型種なのでかなり高い位置で開花しました。
ShokkoRen03-01_20140712-01.jpg
なので、うちの蓮場は初日の蓮がかなり咲いていたので賑やかです(^-^)b
Lotusies_20140712-02.jpg

続いて温帯性睡蓮

コンコルディア(N.'Concordia')の2輪目が咲きました
Concordia02-01_20140712-02.jpg
良い感じで撮れたような気がします。ほぼ見た目通りかな。
Concordia02-01_20140712-03.jpg
ちょっと皺があるけど八重咲きでゴージャスな黄花です♪
暑くなってきたせいか、ここにきて黄花が続けて咲いてきました(^-^)

最後は熱帯種

紫式部(N.'MurasakiShikibu')は相変わらず元気です。
MurasakiShikibu1112_20140712-01.jpg
今回は2輪咲きですね(^^;
しかし紫式部なんてネーミングセンスがスバラシイですね。
この清楚な感じの花の色にピッタリな気がします(^o^)

ラプソディー・イン・ホワイト(N.'Rhapsody In White')は3日目
RhapsodyInWhite03-03_20140712.jpg
この後ウルトラ・バイオレット(N.'Ultra Violet')も3日目の花が開花しました。

今日初日を迎えた蓮の花が沢山あったので明日が非常に楽しみです♪
にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


おかんがどれだけ切り花にしたかにもよりますが…

あ、そうそう、昨日チャームから巨大な(そんなおっきくないか^^;)ガラス製の四角い箱が届きました♪
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

コメント

植えつけ丁寧にされてますね。
うちはもっと適当ww
花蓮ゾーンの花芽の様が圧巻です^^
葉っぱもかなり立派なもののように見えますし、
大きい容器に植え付けされてるんですか?

うちも紫式部が咲き出しました。
日本での流通名みたいなものですがぴったりの名だと思います。
というか、海外では流通してるのかな。見たことないけど(^_^;

それだけ蓮がたくさんあると 多少切り花にしても いけるんちゃいますか(笑)?
茶碗蓮、ぽわっと咲いて可愛らしいですね。

睡蓮の植え替えですが、最初の青い鉢は、深さどれ位ですか?

Re:

arkさん

植え付け丁寧なんですかね?
自分ではわからないんですが(^o^;)

花蓮はなぜかこの週末に集中して開花になりましたのでかなりゴージャスになりました♪

容器は茶碗蓮二種類はメインがΦ50cmの陶製の鉢でサブ達はΦ45cm位の容器です。
茶碗蓮はΦ45cmだと大きめの容器になるのかな?
花上がりも花のサイズも大きくてなかなか良い感じです♪
蜀紅蓮はΦ50cmの陶製の鉢で、一天四海はΦ70cmのキングタライを使ってます。

紫式部のネーミングセンスはホントにすばらしいですよね!

Re:

OTTOさん

確かに同じ品種を沢山植えてるので、ある程度切り花にしても無問題ないです。
でも開花直後の写真を撮らせてもらえないのは勘弁してほしいです(^o^;)

睡蓮の育苗用の鉢ですが、この鉢の高さは5cm(内寸)でした。
ちなみに宮川花園さんのところから購入しましたよ。

深さ5センチですか?!
温帯種は、そんなに浅くても大丈夫なんですね!
深いより広い方が、良いってわけですかね?

Re:

OTTOさん

あ、一応あくまである程度生長するまでの育成期間だけのつもりです。
この深さで開花までいけるのかどうかは?です。
このままで行ける気もしますが、株が育たないと花が咲いてもサイズは小さそうですね。

ある程度深さがないと、根張りが良い株だと用土が盛り上がってきてパンパンになると思ってますし。

自分は普通サイズ(どれくらいが普通かといわれると微妙ですが(汗))なら最初から、浅鉢なら7~9号鉢かプランターに植え付けます。
鉢かプランターかは品種によって変えるようにしました。

とはいえ、まだどの品種が長く伸びるタイプでどの品種が太くなる品種がは少ししかわからないので生長にあわせて変えていく感じになるのかな?

まだまだわたしも素人なので、今は色々やってみてるところです(^o^;)


無事届いて良かったっす。
タンクワンは本当に小さくて申し訳なかったのですが、
発根はしていたのでうちで親株から外さず育成するよりも
切り離して送ってそちらで育成されたほうが確実に成長すると思ったからです(^^;
ピンクチップスは開花も十分見込めると思うんで開花記事楽しみにしてますね(^^)

俺も化成肥料の分量などてきとーっす(笑)

Re: タイトルなし

junjiさん

この度は本当にありがとうございましたm(_ _)m
タン・クワンは確かに小さい株ですが、根もしっかり伸びていましたから安心して植え付けられました。
株が育ってきたら大きい容器に植替えして来年に向けて大きく育ててあげようと思います。

サイアム・ピンク・チップスは、はい。開花を見込んで植え付けてみました(^^;
とても楽しみにしています。
ISGは同時開花が観られるようになるべく近い位置に鉢(ベジタブル・プランターですが)を配置してあります。
同時開花観られるかな~(^o^)

肥料の量…わからないですよね(^o^;
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク