最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
147位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

睡蓮、ムカゴのビン詰めと植替え

猛烈な台風19号。みなさんのところはいかがでしたでしょうか?
10年前の台風23号を彷彿とさせるコースとサイズで戦々恐々としていましたが、なんとか無事通り過ぎてくれたようでホッとしています。

ということで、連休中は海は大荒れだったので趣味の釣りにも行けず、台風が来るというので連休の初日、2日目と台風対策をやっていました。
2日とも天気は抜群に良かったんですけどね…ま、だから対策もできたってことだけど…

さてまず最初は熱帯性睡蓮のムカゴ種、ティナ,ムラサキシキブ,リンジー・ウッズとオーガスト・コーチのムカゴの越冬のためにビン詰め作業開始!

【熱帯性睡蓮(ムカゴ種) ムカゴのビン詰め(越冬)】
(1)100均のガラス瓶にキレイにした10円硬貨を入れて
Bottling_20141011-01.jpg
※10円硬貨は銅イオンによる水の除菌,消臭効果と貝類の駆除を狙ってます。
 とはいえ、どこまで効果があるかわかりませんが、まぁおまじない程度で(^^;


(2)ビン詰めするムカゴを準備。ちなみにこれはティナのムカゴ。
Bottling_20141011-02.jpg
育成開始時期によって生長の度合いが違いますので結構長い根と葉柄のものも。

ムカゴを採った元の葉がまだ朽ちていないものもあるけど…
Bottling_20141011-03.jpg
どうせ腐ってなくなるので、ハサミで出来る限り小さくカット!
Bottling_20141011-04.jpg
あ、あと溶けかけている葉や茶色く腐っている根なんかもこの際カットしておきます。どうせ腐っちゃうし(^^;

ちなみに、ムラサキシキブのムカゴにこんなのが2つ
Bottling_20141011-07.jpg
2つ生長点がありますね(^^;

(3)あとは水を張ったビンの中にムカゴを入れていって完成。
Bottling_20141011-05.jpg
ちょっと詰め過ぎ(汗)
Bottling_20141011-06.jpg
※長い葉柄のものはこのあと背の高いビンへ

(4)他のムカゴ、ムラサキシキブ,リンジー・ウッズとオーガスト・コーチもビン詰めにして完成!
Bottling_20141011-08.jpg

(5)これをできるだけ日が当る温度変化の少ない窓辺で保管
うちはトイレが南側にあって窓も南側なので昨年同様ここに置いています。去年はここでロスト0だったので(^o^;
Bottling_20141011-10.jpg
リンジー・ウッズとムラサキシキブ、ティナとオーガスト・コーチ
Bottling_20141011-11.jpg Bottling_20141011-12.jpg

葉柄が長いものは長いビンへ
Bottling_20141011-13.jpg

今回はとりあえず1つのビンに沢山入れてるけど、ホントは2~3個に分けて、場所もそれぞれ違う場所に置いて保険をかけておくのが良いと思います。

あとは春まで水を切らさないように定期的に水換えをして管理すれば、春になったら根や葉が伸びてくると思います(^-^)b


さて次に温帯性睡蓮の植替えもついでにやっておきました。
今回はコンコルディア(N.'Concordia')です。
※本来温帯性睡蓮の植替えや株分けは春にやるのがセオリーなのですが、昨年も秋に株分けや植替えしても全然無問題だったですし、エキスパートの方もこの時期に植替えされて翌年問題なく花を咲かせておられますのでたぶん大丈夫です。
が、一応自己責任で(^^;


【温帯性睡蓮(コンコルディア)の植替え】
(1)用土を用意(今回は赤玉土:黒土=7:3くらいで練りました。ちょっと緩かったかも)
RepotConcordia_20141012-01.jpg
いい加減手練りはやめてパワーミキサーを買わないと…

(2)植付け容器を引き上げてみます
RepotConcordia_20141012-03.jpg
見た目はまだ余裕がありそうなんですが…

(3)容器から取り出してひっくり返すと
RepotConcordia_20141012-04.jpg
根詰まりしてますね...orz

(4)根洗いしまして
表側から見ると…
RepotConcordia_20141012-05.jpg
更に裏側は…
RepotConcordia_20141012-06.jpg
もう何がなんだか(^^;

(5)ヒゲ根や古根を切って絡まった根をほぐして...やっとここまできた(^^;
RepotConcordia_20141012-07.jpg

(6)根を9割方カットしまして…
この根茎の生長をみるとあまり脇芽を伸ばして作らないのかな?あとそんなに伸びずに太るタイプのような気がする。
合ってるかな?それなら丸い容器よりもプランターのような容器に植付けた方が良さそうな気がするなぁ…
RepotConcordia_20141012-08.jpg
※少しだけ根を残したのは植付け後の浮き上がり防止のため。

新しい生長点が2個(赤○のところ)ありますね。
RepotConcordia_20141012-10.jpg
今回は右側の生長点と左側の生長点の真ん中でカットして株分けしてみます。
ちょっと小さいけどまぁなんとかなるでしょ(^^;
ちなみに今年の春購入した時は右の点線の右側2~3cmの株でした(-_-;

(7)2つに株分けして植付け完了!
RepotConcordia_20141012-11.jpg

一先ずムカゴの越冬処理と温帯性睡蓮の植替え作業でした(^^;

これだけではなんなので、いつもの、連休中に咲いていた睡蓮(^^;
今回は熱帯性睡蓮だけ

ブラック・プリンス(N.'Black Prince')
植替えしてから久々の開花!
BlackPrince_20141011.jpg

ムラサキシキブ(N.'MurasakiShikibu')
いまでも順調に複数輪同時開花!優秀♪
MurasakiShikibu_20141010-01.jpg

スター・オブ・ザンジバル(N.'Star of Zanzibar')
こちらもまずまず順調に開花継続中♪
StarOfZanzibar_20141012-01.jpg

タングルウッド・ブルー(N.'Tanglewood Blue')
こちらもまだ衰えず(^^;
Tanglewood Blue_20141011

ティナ(N.'Tina')
どこかの鉢で必ず1輪は咲いてる♪
これはバケツに入れてる3号ポットのティナ(^o^;
Tina_20141011.jpg

ウルトラ・バイオレット(N.'Ultra Violet')
少し花は小さくなってきたけど…まだまだ花芽がいくつかあるのでもう少しだけ!
UltraViolet_20141012.jpg


温帯種はもう終わりかもしれません。
あとは熱帯種をもう少しだけ楽しませてもらって、その後はいよいよドキドキの越冬へ~♪(^^;

台風前にウォーター・バコパの花とアマゾン・フロッグ・ビットの花が咲いてました。
ウォーター・バコパ(Bacopa Caroliniana)
WaterBacopa_20141012.jpg

アマゾン・フロッグ・ビット(Limnobium sp.)
AmazonFrogBit_20141012.jpg


にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ


関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

コメント

最後の楊貴妃の群遊は、圧巻です。

ムカゴ、そうやって管理すればよかったんですね。
去年全滅してしまいまして 今季は 越冬に成功した数株しか
熱帯種は 育てませんでした。

来季は、熱帯種頑張ります。
ってか 何処にも置けません・・・・orz

おはよーデル!
ビン詰めは、蓋をしないままですか?
黒い帯状に見えるのは転倒防止策ですか?って矢継ぎ早に詰問ww

おいらも、早く108円ショップに行かないとっ!
お袋がとって置いたネスカヘェのビンでもいいみたいですがww

楊貴妃、人口密度半端ない

睡蓮って、冬は色々としないとダメなんですよね?
うちのはした事ないのでほったらかし・・・。
そろそろやってあげないとダメかなぁ。。。

アマフロの花、初めて見ました!

Re: タイトルなし

OTTOさん

楊貴妃は卵付きホテイアオイの株を何個か入れてたら…こんなになっちゃいました(^^;
直径70cmのキングタライなので大丈夫だと思いますが、確かにこれだけ居てると自分でも「おぉ!」って思います(^-^)

熱帯性睡蓮のムカゴは植付けづにビン等で水に浸けて定期的に水換えしてあげれば、春になったら芽吹いてきますよ。
OTTOさんのところはこちらのように雪が積ったりすることもめったに無いと思うので気温はさほど気にされなくても良いと思いますので、ある程度日当たりの良い窓辺で管理してあげれば良いかと思います。

ムカゴ種以外の熱帯種ですが、私は加温水槽と、たぶん今年はフェルト式にしようと思っています。
複数株あるものは鉢ごと取りこみやスチールウール方式も合わせてやってみようかな?とは思っていますが、フェルト式がメインかな?(^^;

私も来期は1or2品種追加しようかな?と思っています(^^;
温帯種は1品種リストラかな~

置くところ?OTTOさんのところのメダカ容器にはまだ睡蓮を入れるスペースがあるような気が…(^-^;

Re: タイトルなし

keibocchiさん

おはヨーグルト(爆)

ビン詰めはフタはしてませんねぇ。
去年もフタ無しでしたが特に問題無かったですよ(^-^)b

帯状…あ、あれはサッシ窓の枠ですね(汗)
転倒防止策は特に何もしていないですよ(^^;

あ、絶対ビンでないといけないなんてことはありませんよ。
ペットボトルの飲み口のところを切っちゃって筒状の部分だけにしちゃっても良いし、もちろんネスカフェ・エクセラやネスカフェ・ゴールドブレンドの空きビンでも全く無問題です(^-^)b

近所の人たちは楊貴妃メダカ見るとかならず金魚と言います(^^;
密度は凄いけど集まってるだけで容器は広いので無問題です…たぶん(汗)

Re: タイトルなし

こじさん

コメントありがとうございます。

こじさんのところの睡蓮は温帯性睡蓮でしょうか?
ブログの写真だと…ヘルボラ?ちっちゃい花ですかね?

温帯性睡蓮は特に急いでこの時期に弄らなくても春(3月末~4月中旬)に植替えしてやれば大丈夫ですよ。

春になったらいちど根茎を掘り上げて根っこを全部切り落として、新しい土と肥料を入れて植え替えてあげるとまたキレイな花を咲かせてくれると思いますよ(^-^)b
一応毎年植え替えされるのが良いかと(^^;

熱帯性睡蓮はそのまま屋外での越冬は難しいので色々とやらないといけないことがありますが、温帯性(耐寒性)睡蓮は屋外越冬できるので越冬処理の手間は要らないですよ。

アマフロの花…あんまりキレイとは思えないので今まで写真に採ってなかったんですが…やっぱりもう一つですよね(^^;
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク