最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2282位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
202位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にゃんこの木と屋外メダカと屋内スイレン

年始にやった同窓会と去年の夏に母校(高校)の校舎取り壊し前の記念撮影の時に撮った写真でフォトブックを作ってみました。
Photobook_20150124-01.jpg Photobook_20150124-04.jpg Photobook_20150124-05.jpg
Photobook_20150124-07.jpg
パソコンのブラウザで写真とレイアウト、あと短い文章を各ページに指定するだけで簡単に安く速くできちゃうなんてステキです(*´ω`*)
この週末に同窓会の反省会(という名の打ち上げ飲み会)でサンプル的に持っていったら、かなり感動して喜んでくれました(✿´ ꒳ ` )

ということで増刷を依頼しました(^-^;
最近はスマートフォンで簡単に写真が撮れてデータを持ち歩くことの方が多いですけど、やっぱり思い出は紙媒体の方が絶対に良い…と思ってます(*˘︶˘*).。.:*♡


さて、この週末は天気が良かったので屋外で放置(一応積雪や凍結があるのでフタはしてます)状態のメダカの様子をフタを外しながら見回りしてきました。
水温は6~7℃。この時期としては温かい方かな。
killifish_20150124-05.jpg

こっちは久保楊貴妃
killifish_20150124-02.jpg

こっちはMIX
killifish_20150124-03.jpg

他に三色や小川ブラック,白や幹之(弱光や点光)の大人メダカ達は元気そう♪
ただ秋生まれの小さな仔メダカはかなり☆にしてしまってました...申し訳ないです(T-T)
大人メダカたちには水温が上がって活性も上がっているみたいなので餌をほんの少しだけあげておきました。

しばらく晴れ間があったので、日が陰るまで放置してその間にキャットタワーの補修をしましょう。
うちには5段のキャットタワーがありまして、全部の柱に麻紐が巻いてあって爪研ぎができるようになってるんだけど、ほぼ必ず一番下の柱で爪研ぎをしてるんです。
4匹のアメショー全部が同じところで爪研ぎするもんだから数ヶ月経つと…
CatTower_20150125-02.jpg
この通りボロボロ(^^;
ということで、ボロボロの麻紐を全部解きまして…木工用ボンドでくっ付けてるので結構大変なのです…
新品の麻紐を巻きつけて完成!
CatTower_20150125-03.jpg
芯の部分にダメージのある柱もあるのでそれも補修してたりするからキレイに巻けてないところもあるけど、これで数ヶ月はもつでしょう(ノ≧ڡ≦)
ただ麻紐のストックが無くなってしまったのでまた買わないといけないなぁ~(・ε・`)

さて最後は久々の熱帯性睡蓮の屋内加温越冬水槽から。
この中で維持管理している品種の中の、ギガンティア(N.'Gigantea')に花芽が付いてました♪
ほらほら~
Gigantea_20150125-03.jpg
わかるかな~
Gigantea_20150125-02.jpg
これこれ♪
Gigantea_20150125-01.jpg
この赤○のところ。
この品種は水深が60cm程度無いと開花の期待度がめっちゃ下がる品種なんですが、この水槽(60×30×40)でちっちゃな花芽がつきました(^-^)
水深は35cm位かな?
開花までいけるかどうかわからないけど咲いてくれるとちょっと…いやかなり嬉しいですねぇ~
あと、これ見たらわかる人も居られると思うけど、4株くらい株分けできそうな予感です(๑˃̵ᴗ˂̵)و
今後どうなっていくのか、経過を観察していこうと思いま~す(^-^)

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 
ジャンル: ペット

コメント

睡蓮水槽にめだかで花も咲く
これはいいですね!
やってみたい感がムクムク…落ち着け落ち着け…

フォトブック綺麗ですね〜
歴史を感じる校舎です。良き思い出として記録に残りますね(^^)
同級生喜んでたでしょうね〜

猫ちゃんに水草に熱帯魚にビオにメダカに・・・etc
癒しの空間ですね(^^)

いつか訪問してもいいですかw


うりぼう兄さんおはよーデルです!
年季の入った校舎ですね
取り壊しって、もしや子供激減で廃校まで?
まあ、淋しいことにはかわりないですね~

この間もそうでしたが、楊貴妃の数が半端ない
うちは楊貴妃を全部室内に入れました
なぜなら数が少なかったから…残念なことにヒメダカと変わりない色みで…トホホ

睡蓮の加温水槽楽しいですよね!ブログ更新してないけどウフフ






>いぼ仙人さん

加温水槽で熱帯性睡蓮はわりと簡単に…簡単にって書いちゃうと少し御幣があるかもしれませんが…咲かせられるとおもいます。

条件的にはこんな感じでしょうか。
1.25℃以上の水温
2.ある程度の水深(普通の熱帯性睡蓮なら30cmあれば十分)
3.ある程度の水面(30Cでもいけると思います)
4.強めの照明(昨年は60x30x40&アクアスカイ602で紫式部という品種は何度も開花しました。今回は同じ水槽&T5管24Wx4本=96Wを使っています。睡蓮家の方はメタハラを使われる方も居られますが私は持っていないので^^;)
5.肥料(元肥にIB化成肥料+マグァンプKを施肥して追肥にカミハタスティックを施肥しました)
6.水面と照明の間にある程度空間が必要です(花が水面から立ち上がるので近いと焼けちゃいます)

土は園芸用の赤玉土や黒土を練って粘土状にしたものでも良いですし、ソイル(使い古しでもOK)でも育ちますよ。
今回はポット植や鉢植にしているのでどっちも使ってますが、昨年は水槽の底床、ソイルに直植えしてました。
ただ、直植えは根がそこらじゅうに這い回るのでオススメしません(笑)

ちなみに肥料(IB化成肥料やマグァンプK)ですが、メダカやヒメタニシなどの貝類,ミナミヌマエビは全然問題なく生きていけますので気にする必要はありません。
もちろんこの条件なのでメダカも繁殖可能ですよ(^-^)b

いぼ仙人さんもいかがですか?(^^;

>ジョニきちさん

フォトブックは個人的に紙媒体で残しておきたかったので作ったんですけど、思いのほか良いと言ってくれる人がいて嬉しかったです。
ちなみにあのブックカバーに写ってる校舎はもう今はありません...(T-T)

にゃんこも水草水槽もビオも私にとってはホントに癒し空間です。
どれもボーっとできる相手ですし(^^;
あ、もちろん釣りも癒しなんですけどね…釣果があれば...orz

うちに来ますか?かなり遠いですけどwww

>keibocchiさん

やっぱりkeibocchiさんより歳上(´▽`) '`,、'`,、...orz

年季の入った校舎...っていうかもう5年くらい使われてないんですよ。
子供激減というよりは、うちの学区内に高校が沢山あって、県から「てめ~ら田舎のクセに高校が多いねん!そんな沢山要らんやろ?ほんなら○○と△△はくっ付けてまおか~」って感じで2校が合併しちゃったんです。
なんやかんやあってもやっぱり母校が無くなるっていうのは淋しいですね...(˚ ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )


楊貴妃だけじゃなくて大人メダカはこの寒空の下でけっこう元気にやってます(^^;
一部秋生まれの仔はスイレンの加温越冬水槽に入れてるんだけど、全部は無理だったので無理を承知で屋外で越冬してもらってたら…残念なことになっていました
全滅ではないけれどかなりの数が...(T-T)
なので今年は増やし方も考えないといけないな~って思ってます。

ちなみに、楊貴妃とか赤系のメダカって越冬時に色が良く乗ってくるのでホントは外の方が良いんですけど、これまでの経験から(うちの環境だと)意外と落ちやすいんですよね...でも今年は大丈夫そう♪

ちなみに屋内で照明当ててると結構色揚り悪い感じはしています。
なので、keibocchiさんのところの楊貴妃も温かくなって外に出せる時期になって外に出せばまた色も揚ってくるんじゃないかな?

お!水槽に入れたスイレン何か変化ありましたか?
もしかして花芽出てきてたり?
楽しみですねぇ~っていうかブログアップして~

リンクのカテもアクアに移しちゃったしwww

フォトブック良いですね。
最近、写真を現像する機会も減りました。現像してみないと、どんな写真か分からない。そんな時代が懐かしい。

ビオに睡蓮良いですね。
いつかチャレンジしてみたいです!

>磯自慢さん

そうですよねぇ。
私も写真は殆どデータで残してますけどその時だけ観て後はあまり観ないですし…

それなら何か記念になるものを!と思ってフォトブックを作ってみました♪

自分で言うのもなんですが、結構良い感じで出来たと思います。
って製本はやってもらってるからアレなんですが(^^;

睡蓮やメダカは水槽のリセットや何かイベントが発生しない安定期には良いと思うんですよね。
ついでに水草も育てられたりするので一石二鳥ですよ~♪
ヘアグラスなんてすぐにモサモサになりますしね(^-^)b
ぜひどうぞ~♪
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク