最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
147位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

密閉ボトル水上葉の経過

私は帰宅して自室に戻ると必ず生体の数をチェックするんですが、先日45Hの赤ランケ(Hemiloricaria lanceolata "Red")がいくら探しても4匹しか居てません。
おかしなぁと思いつつ、エーハイムのスキマーが動いてるはずなのになんでこんなに油膜が出てんだろう?と不思議に思ってスキマーを見てみると、赤ランケがスキマーとガラス面との隙間に挟まって抜け出せなくなった感じの状態でお亡くなりになっていました…こんなことになるとは思ってもみなかったのでかなりショックでした(。>﹏<。)
こんな狭いわずかな隙間にも入ってしまうんですね…今後何か対策をしないとまた次の事故が起こらないとも限らないので何か対策を考えようと思います。
それに…もっとよく生態を知らないといけないですね...猛省

さて、以前1/5のこの記事で始めたブセ・クダガンの密閉ボトル水上葉栽培ですが、始めた直後はこんな感じでした
Buce-Bottle_Before.jpg
暗くてわかりにくいwww

それから60ワイド水槽のフタの上に置いて約1ヶ月
Buce-Bottle_After_20150209-03-01.jpg
カビも生えることなく腐ることもなく
Buce-Bottle_After_20150209-01-02.jpg
少し伸びたような?一緒に入れてるモスはいい感じで水上化しているような気がしているけど生長具合が一目でわかるほどではない感じです
Buce-Bottle_After_20150209-02-02.jpg
やっぱり密閉ボトルだからなのかな?
追肥してもう少し生長を見守ってみよう

そしてこちら。
以前この記事ではじめたクリプト・ウェンティトロピカの密閉ボトル水上葉栽培はというと…
植栽直後
Crypt-Bottle_Before.jpg
まだまだ水中葉でニューラージもこんな感じで貧相ですねぇ

そして今。60ワイド水槽のフタの上に置いて約半月
Crypt-Bottle_After_20150209-01.jpg
一部水上葉は融けてきたので取り除いたりしましたが
Crypt-Bottle_After_20150209-02.jpg
クリプトは…ちっちゃい水上葉が生えてきたような気がしないでもないけど…多分気のせい(^^;
ニューラージは明らかに生長しているのがわかりますねぇ(๑˃̵ᴗ˂̵)و
ということはニューラージを水上葉で殖やすなら密閉ボトルでもいけそうですね(^-^)b

あと何個かこの密閉ボトル買ってきてナナやピンナティフィダなんかもやってみよう♪

にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

続きはうちのお魚さんたちを少しだけ(ノ≧ڡ≦)

オランダラム(Microgeophagus ramirezi)のペア
Ramirezi_20150209.jpg
水槽変わって変化があったし他の生態入れて刺激してみたんだけど未だ産卵せず...orz
こないだまでちょっと産卵の気配があったのになぁ
次の大潮の潮周りに期待♪

オランダラムと同居しているディープレッド・ホタル・テトラ(Axelrodia riesei (Ruby tetra))
AxelrodiaRiesei_20150209.jpg
60ワイドにダイブした1匹はまだ60ワイドに居ますwww

同じくオランダラムと同居している赤ランケ(Hemiloricaria lanceolata sp Red)
HemiloricariaLanceolataRed_20150209-01.jpg HemiloricariaLanceolataRed_20150209-02.jpg
まだ特徴は表れてないけどこの子は♂かも…

最後に60ワイドのスーシュワ(Corydoras schwartzi “Super")
CoSuperSchwartzi_20150209.jpg
この子は体側のラインが比較的キレイです♪
最近3匹がなんだかいい感じです。確か1匹♀だったと思うのでもしかしてもしかするのかな?(*´ω`*)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

コメント

 フタの上の容器、照明は?
 水槽の照明をもらっているんでしょうか?
 モスは透明感のある綺麗な緑ですよね。

 お魚たち、なんだかふっくらしていてみんなきれいですね。
 ラミレジィ、なんだかコイみたいwww

 シュワちゃんの物憂げな表情がいいですね♡

赤ランケは残念でした…。
そこ??!!ってとこに挟まる子いますよね…。

密封ボトルで水上葉成功すれば管理楽ちんですね。
ラムが立派すぎますw
産卵してくれると良いですね。

赤ランケとブセ

赤ランケ残念でしたね。
ぜひぜひ繁殖楽しみにしています。
赤ランケから普通のランケが生まれるのか、全部赤いままなのか、
謎なんですよねえ。
海外の書籍でも書いてあった記憶がありますね。
その辺が謎だから誰か確かめてくれって。

ブセって水上葉にできるんですね。
うちにももらいもののブセがいたはず。
試してみましょうかね。。。
ていうか、水草全部もらいものなんですけどね。(汗

赤ランケ残念です。お気に入りが☆になる気持ちは痛いほどわかります。
これは不慮の事故ですね〜。
ありえない隙間からジャンプしたりしますから(^_^;)
これは是非繁殖狙わないとですね(^^)

ラムの背ビレ凄いですね!(◎_◎;)
赤ら顔も濃いし、かなりベテランのラムですかね〜。ツーショットでお似合いカップルです(^^)

ボトルアクアの照明はどんな感じなんですか?
照明次第で上手く行きそうな気がします。頑張って下さい( ̄▽ ̄)

うりぼうさんこんにちは。
密閉式容器での水上育成いいですね!

水上やってもいつも霧吹きを忘れて枯らしてしまうんですよね・・・ 笑

これなら乾燥する心配ないですね!
100均一でも容器売ってたし、やってみようかな??

>のっけうしさん

そうです。
密閉瓶の照明は60ワイドのアクアスカイ602の照明が横からもれてる灯りだけです。
たぶん蓋や水面からの反射もあるとおもいますけど…効果があるのかわかりませんけど、一応光が当たる位置が片寄らないように帰宅後に45~90°くらい回転させてるんです(^^;
モスはいい感じですよね♪

お魚は…餌食べ過ぎというか与え過ぎで太ってると思われ…今は餌の与えるサイクルを長めにしてます(^^;

>磯自慢さん

実は発見したときは赤ランケはまだ生きてると思ったんです。
なのでスキマー外した時はかなりショックでした(-_-;)
ホントに「え?そこに?」みたいのありますよね。
つい一昨日もラムのメスがポピーグラスの中で溺れてました(*_*;
幸い発見が早かったので大事には至らなかったんですけど、かなり体力を消耗したみたいでしばらくぐったりしてました。
今は回復してちゃんと餌も食べてるので一安心ですけど…前に一度フライングフォックスもポピーに突っ込んでたなぁ(笑)

密閉ボトルは一応成功してるぽいですけど、今の照明の取り方だとかなり成長は遅くなる感じですね。
太陽光かきっちり照明当てないと成長はとても遅い感じがします。
やっぱりできたら磯自慢さんのとこみたいに水槽を用意するのが良いんでしょうけど…まぁこれはこれでアリかな?と(^^;

ラムの産卵は…メスの体力が回復したら…ですかね(^^;

>craftさん

赤ランケはホントに残念でしかたがありません。
再発防止に努めます(>_<)

残り4匹もうちにきた当初より随分成長したように思います。
気のせいかもしれませんが(^^;
でもやっぱりチャームから来た子の色は赤くないです。
かなり濃い茶色になってきました(笑)
赤い子だけにした方が良いのかもしれませんね。

それで生まれる子が全部赤い子なのか違うのかとか(^^;

毎日♂が居ないか見てるんですけどまだ特徴が現れていないです、、、


ブセは良く水上葉栽培されておられますね。
というか、入荷時は基本的に水上葉なんだと思います。
水中葉にするのはアクアショップとかアクアリストさんがされてるんじゃないでしょうか。
全然詳しくないので正しい説明はできないですけど…

ただ、水上葉にするときに湿度を保つ必要がある(と思ってる)ので、蓋のできる水槽と照明、湿度と温度を保てる環境を用意してあげないといけない(と思ってる)のですが、うちにはそこまでするスペース的な余裕もないので、今回は小スペース省エネ(温度と照明は水槽と共用、湿度は密閉瓶なので十分)でやってみています。
うまく行くと良いんですが(^_^;)


あ、うちも水草そこそこ頂き物多いです(笑)

>ジョニきちさん

赤ランケはホントに残念でした…事故とはいえちゃんと生態を知っていれば防げたのでは?と思ってます。

ジャンプはね、ホントに「え?この隙間から飛び出るの?」ってことありますよね。

繁殖させたいですね。
未知の領域ですがその分面白そうですし(^^;

ラムはラム的にもうかなりの高齢と思われます。
背鰭は実はかなりボロボロなんですよ(^_^;)
まだ小さい頃に一番長いところが折れちゃって、折れたまま伸びてるので(^^;

ボトルの照明はアクアスカイの木漏れ日なのでそんなに強くありません。
弱いと思います。
それに真上からじゃないので光の射す方向が一方なので成長速度は遅いです。

確かに照明次第で成長速度ももう少し速くなると思いますけど、専用に照明設置するのも難しいので、暫くはこのまま様子見で(^^;

>martyさん

そうそうそれ!
私も毎日の霧吹きがなかなか習慣にならなくて枯らしちゃうんですよ(^^;

でも密閉ボトルなら湿度も十分保てるので良いです(o^-')b !
ただ、水滴がボトルの内側に着くので観賞するならもう一つ…もう三つくらいですが(^^;

ぜひぜひお試ししてください。
照明次第ではもうちょっと成長速度を上げられると思いますよ~♪

赤ランケは残念でしたねー。
でも、仕方ない・・・というか、防げないですよ、そういうの。
水槽内の隙間を全部なくすなんて無理ですもんw
うちも挟まり事故はたまに起きますが、頻発するようなら対策しますけど、基本的にはそのままです。
隙間をなくすのは無理なんで、挟まらないくらいの隙間になってるかなーーーー???くらいの軽い感じで確認するくらいですw

クリプト、新芽出てんじゃないですかね?
出てるように見えるのは気のせい??w
ブセはね、毎日見るようなもんじゃないです。
1ヶ月に1回見ればいいですよw
溶けてないかの確認はありですけどw

水上育成は順調ですね。
モスの具合がいいのが語ってます。

今回はラムの産卵はダメでしたか。
次に期待ですね。

ディープレッド・ホタルは発色がいい感じ。
ヒレのホワイトが調子いい証拠です。
我が家にもいますけど、大きくならないのがいいですよね。

おはよーデルです!
ガラス容器は寺尾聰の曇りガラスが観賞上難点なんですねぇ~

どうでもいいですがうちは只のクリプトウェンティを鉢にソイルで植付けて水上にしてます
特段、葉水せず、ソイル表面はなるべく乾かさないようにしているだけで、草姿は現状維持みたいな…

お魚の写真は迫力ありますね!特にラム
なんだか迫って来そう

>ほんだしさん

確かに全ての隙間を無くすことはムリですよね(^^;
でも広げてやることはできるかな?なんて思ったのでちょっと今考え中です(^-^)
ただ、今回の件はよくよく考えると、ラムと混泳させてるんですけど最近たまにラムが赤ランケをつつくことがあるのでもしかしたらその拍子にその狭い隙間に逃げた結果かもしれません。
それならラムと赤ランケは離してあげないといけないかも…と思っている次第でして…


クリプト多分新芽出てると思います。
ちっちゃい葉っぱがぴょこんと生えてきてるんで、たぶん(^^;

確かにブセは毎日見るようなもんじゃないですよね。
でも照明がナナメ上~横からしか当たらないので毎日ボトルをクルクル回してるんでどうしても観ちゃって(^^;
なんとか今のところは溶けずに生長しているみたいです♪

最終的に常温常湿で育ててみたいと思います。
って可能なのかわかりませんが(^^?

>パントレセレブルさん

水上育成は密閉ボトルと水槽の水温のおかげかわかりませんけど溶けることなく育ってくれてるみたいです(^^;
あとカビも生えてこないし(^^;
モスはなんか調子良さそうです。
多湿環境で機嫌が良いんでしょうかwww

ラムの産卵、実は来週の大潮前後を期待してたんですけど、先日ラムの♀がポピーグラスの中で溺れかけてて、今のところエサも食べるしちゃんと泳いでるんですけど少なからずダメージはありそうなのでちょっと無理そうです(T-T)
もしかしたら当て馬的に新たに♂を入れた方が繁殖に入ってくれるかもしれませんが…


ディープレッド・ホタル・テトラは初めて導入したお魚なので調子の具合が良くわからなかったんですけど、なるほどヒレ先の白で調子の良し悪しを判断できるんですね(灬╹ω╹灬)
15匹(内1匹は勝手に隣の水槽に移動してます^^;)居るんですが最近よくフィンスプレッディングしてたりします。
大きくならないのは良いですね♪
泳ぎ方もお気に入りです(≧▽≦)

>keibocchiさん

おはヨネスケの突撃!隣の晩ごはんです♪

そうそう寺尾聡はあのサングラスがね~www

密閉ボトルはずっと結露してるからあまり中がはっきり見えないところイガイガワは良いんですけどねぇ。
中が観たいときは綿棒でふき取ったりするんですけど結構メンドクサイです。でも気になるし(^^;

おぉ!常湿でクリプト水上葉いけるんですか!?
それは水中葉からの移行で?
なんとそれは楽で良いですねぇ。
よし!この後完全に水上化したら徐々に常湿環境に移行させて鉢植えにしようp(^o^)/
ブセも何れは…と思ってるんですけど無理かなぁ

ラムは結構おっきくて(単に食べ過ぎで太ってるともいふ)顔つきもイカツイので迫力ありますよ~(*^-^*)
最近♂の顔の前に指を指すと威嚇してきますし(^^;
こないポピーグラスの中にハマってぐったりしてた♀もやっと元気を取り戻してくれたので一安心ですwww
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク