最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1042位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
131位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スライド植替え1(プランター)

うちに唯一あるアグラオネマ(Aglaonema pictum "eu緑三色" from P.Nias 【AZ1212-5】)ですが、導入時の処置の仕方がまずくて下葉がペンギンになっていたんです。
が、前回潅水してから少し元気になってきました(๑˃̵ᴗ˂̵)و
ってなわけで、ちょっと時間があったので出勤前に胡蝶蘭とネオレゲリア(共におかんの誕生日プレゼントだったのだが…)と共に潅水してやりました♪
20150807-01_Aglaonema-X01.jpg
新しいドリルも育ってきてるので今のところは調子良いんだろうなぁと勝手に思ってますが…どんな状態になったら潅水するのが良いのかよくわからんです(^^;



というわけで、耐寒性睡蓮を栽培されている方はご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、せっかく写真に撮ったのでこの週末に何鉢かスライド植替えをしましたので記録に残しておきます。
せっかくなので小出しにしますwww

まずはプランター植えしている耐寒性睡蓮のスライド植替えです。

ピンク・ドーンの植替え(Nymphaea 'Pink Dawn')

まずは水鉢(タライですが)から植えつけているプランターを取り出します。
植替え前はこんな感じです。
20150809-R01_PinkDawnReplant-01.jpg
左側が成長点,右側が根元です。
根元側に3箇所ほど成長点がありますが、あれは脇芽です。

さて、成長点側を残し根元側を取り除きますよ(^-^)b

1.適当なところを決めて根茎を用土ごと剪定鋏など(包丁などでもOK)で切ります。
20150809-R01_PinkDawnReplant-02.jpg
脇芽を避けてある程度の長さを残すようにします。
成長点側に大体7~10cmくらい残しておけばよいです。
5cmでも大丈夫でしょうかね。

2.カットした根元側(写真右)の根茎を用土ごと取り出す。
20150809-R01_PinkDawnReplant-03.jpg
根が回っているのでしっかり底まで鋏を入れた方が良いです。

3.残った成長点側の根茎を用土ごと開いたスペースにスライド
20150809-R01_PinkDawnReplant-04.jpg

4.スライドして開いた部分に施肥
20150809-R01_PinkDawnReplant-05.jpg

5.施肥した上から用土をセット
20150809-R01_PinkDawnReplant-06.jpg
ちなみに、スライドさせた時切り口側に隙間ができる事があるのでその部分にも用土を足しておきます(写真右側の用土の色が茶色い部分)。

6.余計な葉をトリミングして完成
20150809-R01_PinkDawnReplant-07.jpg
水鉢(タライ)に入れる前に一度散水ホースで表土にジャーっと水をかけて汚れを取り除いておくと濁りにくくなりますよ(^-^)b

取り出した根元側は根茎から用土を落として脇芽をゲット。
20150809-R01_PinkDawnReplant-08.jpg
殖やしたい場合はこの根茎から脇芽を欠いて植えつければOK!

同様に、こちらはブラック・プリンセス(Nymphaea 'Black Princess')
1.スライド植替え前
20150809-R04_BlackPrincessReplant-01.jpg

2.スライド植替え後
20150809-R04_BlackPrincessReplant-02.jpg

こちらも脇芽をゲット♪
20150809-R04_BlackPrincessReplant-03.jpg

更にアー・カン・シエル(Nymphaea 'Arc-en-Ciel')
これは60cmプランターですが、まもなく成長点がプランターの壁に届きそうです(^^;
20150809-R03_ArcEnCielReplant-01.jpg
取り出した元側の根茎。30cmちょっとあります(^^;
20150809-R03_ArcEnCielReplant-02.jpg

耐寒性睡蓮の株(根茎)が長くなってきたらこんな感じで植替えしてあげることで鉢上げ(これまでより大きい鉢に植え替えること)をしなくても管理できます。
注意点は、残す方の根茎をあまり短く切り過ぎないようにすることですかね。

てな感じで耐寒性睡蓮のプランター栽培時のスライド植替え方法でした(^-^)b

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 睡蓮・ハスへ

続きは、この週末咲いていた耐寒性睡蓮と蓮です♪
興味のある方はどうぞm(_ _)m

ご新規さんはありませんが(^^;

【蓮 - Lotuses - 】

八重茶碗蓮
20150806-02_Yaechawanbasu-P01.jpg

黄玉杯&真如連
20150806-01_Kogyokuhai_Shinnyoren-P06.jpg

20150806-01_Kogyokuhai_Shinnyoren-P02.jpg

ちょっと判り難いけどどちらも30cmオーバーで迫力満点♪
20150807-01_Shinnyoren-P02.jpg

一天四海
一天四海はこれがラスト?
20150809-02_Ittenshikai-X04.jpg

20150809-02_Ittenshikai-X05.jpg


続いて

【耐寒性睡蓮 - Hardy Waterlilies - 】

Nymphaea 'Arc-en-Ciel'
20150807-03_ArcEnCiel-P01.jpg

20150806-06_ArcEnCiel-P02.jpg

Nymphaea 'Conqueror'
20150808-06_Conqueror-P02.jpg

20150806-09_Conqueror-P02.jpg

Nymphaea 'Sarannlarp'
20150806-08_Sarannlarp-P02.jpg

Nymphaea 'Wanvisa'
20150806-07_Wanvisa-P02.jpg

Nymphaea 'Gregg`s Grange Beauty'
20150807-02_GreggsOrangeBeauty-P01.jpg

Nymphaea 'Pink Dawn'Nymphaea 'Concordia'
20150806-03_Concordia_Pinkdawn-P01.jpg


Nymphaea 'Concordia'
20150810-01_Concordia-P01.jpg

20150810-01_Concordia-P06.jpg

Nymphaea 'Sulphurea Okeechobee'
20150807-04_Okeechobee-P02.jpg

Nymphaea 'Mangkala Ubol'
2015806-06_MangkalaUbol-P02.jpg

Nymphaea 'Mangkala Ubol'Nymphaea 'Gonnere'
20150808-04_Gonnere-P04.jpg

Nymphaea 'Gonnere'
20150808-04_Gonnere-P05.jpg

蓮はお盆を過ぎるとぼちぼち終わる感じでも睡蓮はまだまだ続くので楽しみです♪

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 睡蓮・ハスへ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

コメント

ど~もです!
最近は夫婦揃って睡蓮の勉強に夢中です。土日でビオトープのカテゴリー全て読み返しましたw
いや~、うりぼう先生のブログはよい参考書ですね~。今回のスライドも勉強になりましたm(_ _)m

No title

 うりぼうさん、本書いちゃいましょ
 で、芥川賞・・・なんかちがった?www

 睡蓮のすの字も知らない私でも、最後まで”フン、フン”とうなずきながら読んじゃいました。
 文字と写真が絶妙のバランスで、とってもわかりやすかったです

こんばんは、

睡蓮のすの字は解るのですが、
成長点と脇芽の区別がつきません(・_・;)

植え替えしても咲かないのは
↓ここらへんに問題があるような・・・・。
『殖やしたい場合はこの根茎から脇芽を欠いて植えつければOK!』

元気に大きな花を咲かすには根茎も大きいのですね\(◎o◎)/!
睡蓮の成長が早いのにも驚きです、

本当に分かりやすくて勉強になります\(~o~)/

>ジョニきちさん

熱帯種の管理に関する記事ってあんまり…いや全然書いてないと思うんですよ…すみません(滝汗)
唯一書いてるのはムカゴのことだけだったりするんで...
熱帯種はもう少し経験を積んだら植え付けとか株分けとか…色々記事にしようと思います。
ホントは株分け,植え付けに夢中になりすぎて写真を撮り忘れたから記事にできないだけとかいう噂も…

例のブツはもうすぐお送りしますので何か質問などありましたら直LINEにて対応させていただきますね(汗)

で、温帯性睡蓮もやってみたいなぁ~なんて思われましたらお気軽に声をかけてやって下さいな(^^?
そうすると今回の記事もゆくゆくは生きてくるわけでして(ノ≧ڡ≦)

>のっけうしさん

いやいや本なんか書いても取れるとしたら介川賞がいいところでしょうねwww

というかホントは私ゴトキがブログに書くのもおこがましいくらいのものですから(^^;
ただ今年は何名かの方に温帯性睡蓮をお送りしたりしてますので参考になればと思いまして。

ちなみに…磯自慢さんのブログ記事と丸カブリなのでホントすみません(滝汗)
すみませんm(_ _)m >磯自慢さん

あ! のっけうしさん、もう理解しましたね!
じゃぁ睡蓮やりましょう!まずは手始めに温帯性睡蓮から♪

たぶんそちらではあまりされている方もいらっしゃらないと思いますので注目されますよきっと(^-^)b
そちらでもちゃんと花が咲かせられるんだぞ!っていうのを見たいなぁ(^^;
ね?やりましょ(^^;

>hanaさん

成長点と脇芽の違いはですね、実は言葉を変えているだけで基本的にどっちも成長点に変わりはありません(爆)
(基本的にですが)一番太い根茎の伸びていく方向の先端が成長点で、その根茎から横や下に枝のように伸びていく芽を脇芽って言ってます。
要するにただ脇に出来た芽だから脇芽っていう(爆)
その先っぽはどっちも成長している先端なので成長点なんですよね~(^^;
ってこんな説明でわかりますかね?(汗)

1枚目の写真の黄色の矢印(←→)の→が書いてあるとこ辺りが成長点って言ってる部分になりますね。

> 植え替えしても咲かないのは
> ↓ここらへんに問題があるような・・・・。
> 『殖やしたい場合はこの根茎から脇芽を欠いて植えつければOK!』

確かに脇芽をたくさんつけたままだと養分が分散されてしまうので咲きにくくはなりますけど、たとえば姫睡蓮なんかはそもそも根茎自体が小さいですし、さすがにそれは私もシーズン中に脇芽を処理したことはありません(^^;
肥料についても姫睡蓮はシーズン中は元肥だけで追肥は要らなかったりします。

今回のスライド植替えについても、根茎が良く伸びる品種の場合やどうしても大きなスペースが確保できない場合にオススメします。
広いスペースが確保できるようでしたら出来れば大きな植え付け容器に植え替える(鉢上げ)する方が、根や根茎(株)にダメージを与えないで済みますし、根茎が充実している方が花上がりも良いです。
但し脇芽はなるべく取り除いてあげたほうが、肥料が脇芽の生長に取られない分メインの花が付きやすくなりますよ♪

それから、根茎がそんなに長くならずに太くなるタイプの睡蓮の場合は、植え付け容器を縦方向じゃなくて横方向にスペースがある植え付け容器を使う方が良いと思います。
例えばコンケラーやゴンネール(スノーボール)なんかはあまり伸びないので丸い浅鉢に植えつけています。

この記事のピンク・ドーンやアー・カン・シエルは良く伸びますし生長が速いのでプランターのような長い容器のほうが栽培に適していると思います(^-^)b

太く長くなるタイプは縦横共に広い植え付け容器が良いですね(^^;

私もまだまだ勉強中なのですが、一年育ててみると育てている途中で「あぁこの品種はあまり伸びずに太るタイプなんだなぁ」とか「あれ?この品種ってこんなに生長が速いの?」というのがわかってきますので、それから植え替えてあげても良いと思いますよ(^-^)b
まずはやってみることですかね。
シーズン中ならやり直しはききますから大丈夫です!

ご参考になれば幸いです(^^?
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク