最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
147位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

赤ランケ ~2nd, 3rd Season ~ 「バッドエンド」

先日の週末はお彼岸でしたのでおかんの郷のお墓に墓参りに行ってきました。
うちも田舎ですけどおかんの郷はこれぞ田舎!って感じのところでとても雰囲気があって好きです♪
とても長閑でなんだかとっても時間がゆっくり流れている感じがします。
20160321-HomecomingToTheMotherOfTheVillage-X01.jpg
肝心のお墓は舗装されていない山道を20分ほど登らないといけないのでめっちゃ疲れますが(^^;

墓参りからの帰りに地元の道の駅でちょいとお買い物に立ち寄り。
20160321-HomecomingToTheMotherOfTheVillage-X02.jpg
ここは休日になるとたくさん観光の方がいらっしゃるのでめったに立ち寄らないけどたまには良いですね。


え~さて、赤ランケです...
タイトルでお気付きかとは思いますが.....

先日紹介した白い赤ランケ
20160312-LeliellaSpRed3rd_12thDay-X04.jpg
その数日後に☆に...2週間と1日、15日目でした(-_-;

そして、2nd Seasonで唯一残った赤ランケ
20160312-LeliellaSpRed2nd_31thDay-X01.jpg
無事30日を経過して「もう落ちることは無いやろなぁ」なんて高を括っていたところ、40日目を目前に☆に...orz

原因は?
水質?
というのも2nd Seasonの稚魚が生まれてから約40日間足し水はしていたものの水換えは一切していなかったし。
でもこの方法は、上手く育った最初の時と同じ飼育方法だったんですよ。
んじゃ餌か?
いや餌も基本的には同じなんだけれども...
水温は水槽内だから安定していたハズだし...

なんでだろぅ...ホント全っ然わかんない(T-T)

☆にしてしまった稚魚には申し訳無いけどこれからも試行錯誤していくしかないですね。

でも...やっぱビギナーズラックだったのだろうか...今度はもうちょっとちゃんと記録しながらチャレンジしてみようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

赤ランケ屋への~道は~果てしなく遠ぉい~

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

コメント

No title

一枚目の写真風景がよすぎる!!
セミの声聞きながら歩きたいですねぇぇ₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾


赤ランケ・・・残念でしたねぇ・・・・・
同じことをしても同じ結果がでるとは限らない・・・・
自分も肝に銘じて・・・でも少しでもいい結果が多くだせるように・・・色々頑張っていこうとおもいます

No title

 すごく残念でしたね

 2ヶ月までは、ほんと原因不明で落ちちゃいますよね。
 さっきまでピンピンしてた子がひっくり返ってたり

 お魚の種類によって生存率って違うと思うんですが、自分の水槽だけで継代繁殖するなら、1産卵につき1匹育てば十分かもしれないなって思ったりもしています。

No title

赤ランケ、残念でしたね。。。
まぁね、なかなかうまくやらせてくれないですよね。
だって、相手は自然だもんw
でもきっと、経験値は蓄えられてますよ!
僕なんて繁殖の経験値ゼロですからw
またきっと産むでしょうからまた頑張ってくださいね(^^)

>moominさん

田舎ってたまに行くから良いんですよ
特に都会暮らしに慣れちゃうと(^^;

うちも田舎だけどここは更に田舎だからねぇ
たまに行くとやっぱ良いなぁって思います♪

そうそう。夏は山も田んぼも緑々(ホントは青々だけどね)していて青い空とのコントラストに強い日差しが相まって最高ですね。
麦藁帽子かぶってタモ持ってあぜ道歩いたり小川で鮎捕ったりするともう完全に大人の夏休み♪


赤ランケねぇ
一発目がうまく行き過ぎてしまったのが良くも悪くもあるんだと思うんですよね
さんざん赤ランケの繁殖は難しいとエキスパートの方々のブログで拝見していたので...たまたまって怖い(^^?

でもホントに難しいですね
同じことをやってる"つもり"でも違うところがたくさんあるでしょうしね
餌を与えるタイミングや量、水温の微妙な違いとか...

やっぱり失敗は糧にして次に繋げるしかありませんね。
私も頑張ります!

>のっけうしさん

いやホントに...白ランケはともかく40日目前で☆にしてしまうとは...

のっけさんはキンペコでかなり経験も積まれておられると思いますがやはりそういうことはありますか...やっぱり難しいですね。


確かに私も自分のところでずっと累代して飼い続けるなら少数精鋭で十分と思います。
たくさん育つと嬉しいですけど、やっぱりそれなりにリスクも高くなるでしょうし、数によって育成の条件も変わってくるでしょうしね。

ただ、たくさん卵や稚魚が産まれると育ててみたいという人間の性なのか母性本能なのかわかりませんが「よ~しこの子達全員大きくそだてちゃうぞ~」ってなっちゃって(^^;

そういう意味ではたくさん保護できた時はある程度の数で分散して飼育ボックスに分けて育てるというのもありなのかもしれませんね。

今後もチャンスがあれば色々試してみようと思います!

>ほんだしさん

残念でしたけど仕方ありませんね。

ホントに難しいですね。
ただやっぱり植物にしろ動物にしろ成功よりも失敗から学ぶ事の方が多いです。
成功したら「やった!」ってだけのことの方が多いですけど失敗したら「なんで失敗した?」って考えますし、そこからさらに「前はこうやってダメだったから今回はこうやってみよう」っていうのが蓄積されて100%に近付いていくんですもんね。

ちなみに私も前の赤ランケまではめだかくらいですよ。繁殖経験w
ラムは失敗ばっかでしたし(^^;

ですね!やっと昨日約1.5ヶ月振りに水換えしたので、またこれきっかけで繁殖するかもしれません(^^;
ありがとうございます(^-^)

残念でしたね(T_T)
でもいつの日かランケ屋さんになる日がやってきます。
あの時はこうやらなかったから失敗しちゃったんだよな~、がはははは~!
という店主になることを祈願いたします。

田舎…空気感が超好きですw

>双子さん

残念でした(T-T)

そうですね、いつかは、ランケ屋にオレはなる!(^^;
確かに失敗談を笑って話せるようになると良いですねぇ♪
頑張りますp(^-^)q


田舎は雰囲気や空気感からしてスローなところが私も好きです♪
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク