最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1661位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
186位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

冬越しの準備

前記事で赤ランケが無事産卵したことをお伝えしまして、産卵を確認したのが10/24でした。
20161026-LeliellaSpRed_Spawn-X01.jpg
5日経過した10/29の朝の時点ではまだ順調に♂が卵を守っている姿を確認できました♪
※写真は10/26のもの
ちなみに10/28の夜に稚魚育成用に産卵BOXを水槽内にセットしていましたよ(^-^)b

よしよし順調順調と10/29の夜に再度確認.........???????????????
20161029-LeliellaSpRed_Spawn-X01.jpg
あれ?卵が無い?!
もしかして孵化しちゃった?と思って水槽内を探しても稚魚らしき姿は見当たらず(T-T)
おそらく孵化したってことは無いと思うんですよね。
これまでの孵化タイミングはほぼ毎回早朝だったので。
なのでおそらくは♂が食べちゃったか♂が餌を食べに産卵筒から出ているスキにヤマトに食われたかどっちかかと(-_-;
仕方がないとはいえかなりショックです(T-T)
次回産卵を確認したら一度最初から人工孵化を試みようと思います。
残念(--;

にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

え~っと、最近こちらでは最低気温が10℃を下回るようになっておりまして、朝晩がめっちゃ寒いです。
金曜の夜は爆風が吹いてて「木枯ら1号かな?」なんて思ってたら土曜日のニュースで「西日本で木枯らし1号」って言ってましたね。
こりゃそろそろ冬越しの準備をしないと!

まずは人間様の冬越しの準備からw
というわけでコタツを準備しちゃいました(^^;
リビングの掘りごたつにこたつ布団をセットして座っているとさっそく膝上に乗せろとお猫様がwww
20161029-Kotatsu_Cat-X01.jpg
素早いw
日中はまだコタツの火(あ、もちろん電気ですけどね)は入ってなくても大丈夫だったんだけど夜になると寒くてついに火を入れたら翌朝...
20161029-Kotatsu_Cat-X02.jpg
ダブルでw
20161029-Kotatsu_Cat-X03.jpg
膝上の狭いところにムリヤリです(^^;
これから春までは毎日こんな感じでMAX4匹に乗られますがこれが日常なんですよね。
もう11月になりますしね。冬が来たかな?

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

それから昨年から育ててる熱帯性の植物たちも冬越し準備しないといけませんね。
ビカクシダは先週初めから屋内に取り込みました。

それと、ケージ(というのは名ばかりの60Hガラス水槽)に入れているアグラオネマのeu緑三色とホマロメナは今シートヒーターが無いのでこのままだと低温で枯れちゃうかと。
かといって60H水槽用にシートヒーター買うというのもなんだかちょっと勿体無いし...
でもアグラオネマeu緑三色は大きく育っちゃって60Hのガラス蓋に頭がつっかえちゃってるし....
よし!ちょうど天気も良くて暖かいしぶった切って45cm水槽に入るようにしよう!

ってことで急遽アグラオネマ eu緑三色さんをブった切ることにしました(^^;
幸い?太い気根が伸びてきてるし......どうなの?
とりあえずやっちゃえw

Aglaonema pictum "eu緑三色" from Pulau Nias
20161030-Aglaonema_ueGreenTriColor-X01.jpg
ワッサワサで巨大化中w
20161030-Aglaonema_ueGreenTriColor-X02.jpg
太い気根が伸びているところ。1本だけだけど...........
ザクッとw
20161030-Aglaonema_ueGreenTriColor-X04.jpg
とりあえずこれで45cm水槽に入るサイズになったw

で、ついでにホマロメナを潅水しようとケージから出してみたら....
Homalomena insignis "Matang-3"
20161030-Homalomena-X04.jpg
こっちは高さ的には45cm水槽には入るんだけど
20161030-Homalomena-X01.jpg
なんだか株分けできそうな?
ってことで良い感じでこちらも気根が出てるところを2株選んで分けてみました
20161030-Homalomena-X06.jpg
掘り上げたらたぶんあと2株くらい分けられそうなんですが、やって親株にダメージがあると目も当てられないので(^^;
というわけで無事45cm水槽に収まってシートヒーターも始めました♪

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

てなことを玄関先でやってたら、おかんから「水苔ある?んじゃこれ植え付けといて(笑)」と.....はぁ?
先日(金曜日)鳥取にある「とっとり花回廊」に近所に住んでる弟家族と一緒に行ったときに買ってきたらしい
しかも安定の品種不明www
そもそも品種を聞いていないし品種なんてどうでも良い。花がキレイならそれで良い。という人なので(^^;
仕方なく植え付ける。
20161030-Orchid_Planting-X01.jpg
あぁ予想以上に水苔を大量消費(T-T)

でこの蘭なんぼしたん?って聞いたら「あ、それな。300円やってん」と...大丈夫なんかな(^^;

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

それから耐寒性睡蓮も順次スライド植替え中で今のところ約半分くらい終了。
11/3から4連休なので2日くらいかけて耐寒性睡蓮のスライド植替え,熱帯性睡蓮の休眠促進と蓮の鉢に居るメダカを移動させる予定。
あとの2日はできたら釣りに行きたいなぁ(^^;


最後に先週咲いていた睡蓮を。
少ないのでね(^^;

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 睡蓮・ハスへ

N.`Tina` - ティナ -
20161029-Tina-X01.jpg

N.`Tanzanite` - タンザナイト -
20161029-Tanzanite-X01.jpg

にほんブログ村 花・園芸ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 睡蓮・ハスへ


続きを見て頂いた方だけ(^^;

20161030-HardyWaterlilies_RootDivision-X01.jpg

昨日耐寒性睡蓮(温帯性睡蓮)の植え替えをしていて採った脇芽です。

○右の4つ(上1つと下の小さいの3つ)は、サイアム・ローズの脇芽
○真ん中はタン・クワンの脇芽
○左の長いヤツはピンク・ドーンの脇芽
 ※ピンク・ドーンは今年の夏(7月初旬)にゲットしたものの成長分

この中で、サイアム・ローズの小さい脇芽×3とタン・クワンの脇芽とピンク・ドーンの脇芽の計5つを欲しい人があればお譲りします。
尚、何等か私とカラミのある方限定とさせて頂きます。
※ブログにコメントを頂いたことのある方、TwitterやInstagramのフォロワーさん、facebookやLINEのお友達、それから直接お会いしたことのある方

ちなみに、ピンク・ドーンはご覧の通りめっちゃ根茎が長く伸びますし、伸びる速度も速いと思います。
30cmくらいの容器でも花は咲いてくれますが、本来の姿ではないらしです。
できるだけ大きな容器に植え付けて、できるだけ広い水面を確保して育てた方が良いみたいですよ(^-^)
ちなみにうちで以前40cmのプランターに植え付けていましたが花は見られました。
ただ生長が早いのでシーズン中数回切り戻し(スライド植替え)をしました。
今は70cmのプランターに植え付けていますのでそこまで頻繁にスライド植替えをすることは無いですけど。

あくまで所感ですが、タン・クワンもそこそこ生長が早くて根茎が伸びますね。
サイアム・ローズはあまり伸びないかな?って感じですが、根茎がホントに小さいのでもしかしたらこの時期からだと上手く育てられないかもしれませんのでそれでも良いという方のみでお願いします。

というわけで今週末まで希望者無しなら廃棄しま~す(^-^)b
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

コメント

No title

 赤ランケ、残念でしたね
 でも、これからも継続的に産んでくれそうですね

 うりぼうさんは守備範囲が広いから、冬支度も大変そうww
 腰に気をつけて頑張って下さい

No title

この間伺った衝撃の事実春前の植え替え結局実行せず(;'∀')

何故って変なことして冬越し失敗したら立ち直れないからですw

春先にまたあのせまーいベランダで頑張って植え替えしますw

既に春に思いをはせて鎮静化したビオを眺める毎日です(´-`)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>のっけうしさん

赤ランケの卵、朝あったのに...ホント残念です(ToT)
次に期待!そう次がまた...\(^o^)/


冬越しはツライですね(^^;
まぁそれも次の春の楽しみのためですから楽しんでやってま~す(ということにしておきますwww)

>☆川春★さん

あはは(^^;
耐寒性睡蓮はよほどのことが無い限り消えて無くなることは無いから大丈夫ですよ(^^?

ま、でも春になる前にはやった方が良いよ~

冬越しはメダカも修行の時期ですから心配ですが、ベランダなら観察できて良いですね

うちはたぶん1月以降は度々雪の下になるだろうから春になって雪が溶けてからのお楽しみって感じですwww

>鍵コメさん

返事が遅くなってすみませんm(_ _)m

明日以降できるだけ早くお送りします。
尚、ピンク・ドーンの根茎ですが、大きすぎるので適当なサイズにカットさせて頂きますね。

ではしばしお待ちくださいm(_ _)m
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク