最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1424位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
131位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

冬のメダカと赤ランケの隔離

ずっと天候が悪くて片付け,越冬準備ができていなかったパッションフルーツのグリーンカーテンをようやく撤去しました。
ちなみに、秋に結実したパッションフルーツの実が何個かあったんだけど、やっぱり私の住んでる地域だと完熟はしないですね(T-T)

とりあえず確保しておきましたが...
20161221-PassionFruit-X01.jpg
まだ青々してますし左端の1個は大きくなれなかったみたいです。
それ以外はそれなりのサイズにまでなってましたがこのままでは何の利用価値もありませんw
なので今年もダメ元でリンゴと一緒に袋に入れて追熟させてみます♪
ちなみに去年もやりましたが数個だけうまく追熟できて"一応"食べられました...一応ね(^^;
温室があればこれだけじゃなくていろいろ他にも通年暖かい地域の植物が育てられるのになぁ..宝くじ当たって!www

にほんブログ村 花・園芸ブログへ

さて、こないだの日曜日、天気が良かったので久しぶりに外のメダカたちに餌をあげました。
20161217-Killifish-X05.jpg
幹之の鉄仮面(フルメタル)

20161217-Killifish-X03.jpg
こっちは何年か前に最初に手に入れた楊貴妃三色透明鱗

20161217-Killifish-X02.jpg
気温は3℃くらいになることもありましたが今のところ元気そうです♪

それから...忘れていた最後に残っていた熱帯性睡蓮(ギガンティア)を掘り上げました。
結構分球していたので、まぁ来年に繋げられることでしょう。うまく越冬できれば(汗)
で、そのギガンティアを育てていた高さ60cmの甕には今年の2月くらいに導入した三色メダカから生まれた稚魚を育てていたので、こちらも回収しました。
20161217-Killifish-X00.jpg 20161217-Killifish-X01.jpg
なかなかいい感じに色が出てるかな?なんて(^^;
なのでホントは屋外で発泡スチロールの箱で越冬させるつもりだったんだけど、熱帯性睡蓮の加温水槽で過保護に越冬させることにしましたよ(*^-^*)
20191217-Killifish-O01.jpg
いい感じでしょ♪
20161219-Killifish-X02.jpg
メダカは基本的に上から見るのが良いんですけど、柄によっては水槽だとこんな見方もできて良いですね♪
あわよくばこの加温水槽で卵を産んでくれるかも?

にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 花・園芸ブログ 睡蓮・ハスへ


Leliella sp. Red / Red Lizard
さて前記事でも書きましたが、赤ランケが12/11に産卵しまして1週間が経とうとしていたので、そろそろ産卵筒に入ったオスも一緒に隔離しようとしていた12/17、なんと...やっぱり別のメスが同じ産卵筒に産卵していました!?
というわけで早速隔離しました(汗)
本来なら同じ赤ランケ水槽で孵化までいければ良いんですが、これまで最初の産卵での人工孵化が成功しただけで、以降ずっと失敗してますので、ちょっとやり方を変えてみました。
20161212-LeliellaSpRed-X03.jpg
隔離水槽は、もう何年前になるか...最初にメダカを飼い始めた金魚のお部屋Sです(^^;
スポンジフィルターとヒーターをセットして赤ランケ水槽(45H)の飼育水、赤ランケ水槽に入れていた小さい枝流木、それに赤ランケ水槽で使っていたプレフィルターを置いてあります。
卵はこんな感じ...
20161212-LeliellaSpRed-X01.jpg
分かりにくいので印をしてみました。
20161212-LeliellaSpRed-X02.jpg
4日違いの2腹分の卵...上手く孵るでしょうか...

本来なら水換えもやらない方が良いと思うんですが、飼育水を使っているとはいえフィルターは一度洗って保管していたものなのでバクテリアはまだ繁殖していないので毎日水質チェックして、1/2~3/5程度の水換えをするようにします。
というわけで、案の定?先日亜硝酸が検出されたので水替えしました。
20161220-LeliellaSpRed-X01.jpg
水換え後の再検査では亜硝酸は検出されませんでした♪
ただ卵から孵った後はなるべくなら水換えしなくても良い状態にしたいんですよね。
間に合うかなぁ?
ちなみに、昨夜の卵の状態はこんな感じです。
20161220-LeliellaSpRed-X02-02.jpg
1腹目(赤丸)(12/11産卵から10日目)と2腹目(緑丸)(12/17産卵から4日目)の卵の色にかなり違いがみられます。
オス君はずっと産卵筒の中でセッセと鰭で卵に水をあてて卵がカビないように頑張ってますよ♪

1腹目は10日経過でもういつ孵化してもおかしくないと思うので、こちらも無事に孵化できるように全力でサポートしてあげようと思います(^-^)


にほんブログ村 観賞魚ブログへ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 熱帯魚
ジャンル: ペット

コメント

非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク