最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
126位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ポチっとな

前日ポチっとしたブツが届きました。勤務先に(爆)


左上から。
1.パンタナルレッドピンネイト(水上葉)×2本
こんなに茎がぶっといとは思わなんだ(゜ロ゜)
2本にしておいて良かった(汗)

2.アヌビアス sp. ナンギ
ナナ・プチみたいだけど葉っぱの形がちょっとちがって私的にはこっちの方が好きかも?

3.ブセファランドラ sp. クアラクアヤン1
なんとなく、ブセが欲しくて一番安いヤツで(^-^;

4.プレミアム グリーンモス
前も買ったんですけど、今回は色が悪いっス(T-T)
なんとかキレイに育ってくれると良いのですが…

パンタナルレッドピンネイト以外は土止めの石用です。
パンタナルレッドピンネイトは左奥にとりあえず植栽しておきました。が、やっぱ茎太い(>_<")

植栽後ですけど変化がわからんですよね?(汗)
後景の有茎草はだいぶ生長してきました。
あとで出すはずの後ろにあるミクロソリウム付き枝流木のミクロソリウムが調子良すぎでぐんぐん育っててこのあとどうしようか思案中です。

あとピンナティフィダ?が水面に達してるのでトリミングしたいんだけど、この子はどこからカットしてあげたらエエのでしょうか?
やさしい緒先輩方、どうか教えてやってくださいm(_ _)m

あ、それから高さが40cmなので手持ちのプロホースS(だったと思う)だとパイプが短いので掃除しにくいし、流れたソイルを吸出しにくいってことでこれも買いました。
※水草と一緒にチャームで購入

しか~し!パイプ径が太い(>_<")
これだとソイルの吸出ししようとすると砂までガッツリ吸い込んじゃう。っていうか吸い込んでたし…
径の細いパイプとホースで作らんとアカンかな?

これは最近ご無沙汰の45cmですがえらいジャングル状態になってます(爆)
水草の状態は悪くないのでトリミングして挿し換えと60cmへ植栽しましょうかね。

あと、ラムは餌のとき以外は隠れてしまってます(-_-;)
やっぱりトーマシーが恐いみたい(汗)
がっつりトリミングしてどうなるか様子を見てみます。

それから、今朝から塩浴していたグラミーですが、帰宅後に様子を見ると症状がかなり改善されていたのでこのまま塩浴を続けて経過観察してみます。
ネットで調べると、ポップアイの治療にココア浴とカンパラDが良く効くとの記事か多かったので、一応純ココアを買ってきたんですが、できればココアも薬も使わずに完治させてあげたいな。
ちなみに純ココアはこれ買いました。っていうかこれしか純ココアは無かったし(爆)


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

パンタナルレッドピンネイトは使った事がありませんが、茎が太いですね。これは有茎草なんですよね?

アヌビアスsp. ナンギはチャームで何度か買おうかと思ったんですが、なぜかクリプトのカテゴリーにあるんですよ。
他のアヌビアスとは違った印象ですけど、ちょっと不思議なアヌビアスに思えます。

ブセ始めますか。魅力に取り憑かれますよw
クア1は成長早いし、あちらこちらから新芽が出るのでいいですよ。

プレミアムモスはキレイな緑色に育てるの難しいですよね。
ショップで見るといいなぁと思うんですけど。

ポップアイの治療にココア浴って知りませんでした。
薬品は使うのが抵抗がありますが、ココアって思いつかないです。
効果あるといいですね。

パントレセレブルさん。

パンタナルレッドピンネイト…はい。有茎草です。チャームの写真見た感じではそんな太いとは思いませんでしたので驚きました(>_<)

そうそう。アヌビアスsp.ナンギってチャームだとクリプトのカテゴリにありますね。活着するんでしょうか?
ちょっと心配です。
葉はナナ・プチと同じくくらいのサイズですけど、葉がウェーブしていてなかなか可愛いですね。
3株くらい買っておけばよかった(^^;

実はブセ、すでにクダガンが1株だけ流木の先のほうに巻きつけてあったんですが、今回金額調整で特価になっていたクアラクアヤン1を買ってみました(^^;

どちらも葉がキラキラしていてキレイですね。
なんかブセに嵌るのもわかるような気がします。

プレモス…今回のはちょっとって感じでした。
まぁ育てるのも難しそうですね。
確かになかなか鮮やかな色で育ってくれません。
キレイに育つといいんですが…

ココア浴はまだ民間療法的なものみたいなので確実なとこはどうなのかわからないですね。
私も薬品使うのに抵抗があり…というかこれまで薬品投与してもうまく回復させられたのは楊貴妃メダカだけというorz

ちなみに、回復の兆しを見せていたグラミーですが、翌日急変してマツカサ病を併発してしまい、残念ながら帰らぬ魚となってしまいました(T-T)
もっとはやくに気付いて初期症状の段階で治療しないと回復どころか逆にとどめをさしてしまうのでしょうね。
かわいそうなことをしてしまいました。
魚の治療は難しいとつくづく痛感させられました。
病気を出さないのが一番なのですが、精一杯環境を維持しているつもりでも至らないところがあるようです。
まだまだ修行が足らないです(-_-?


非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク