最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村PV
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
122位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

譲って頂いた睡蓮を植え付けました

昨日、今日とまた暑さがぶり返してきて気温が30℃位になってました(´д`|||)

今日は定期検診でお休みを頂いてましたので、クイーンオブサイアムの開花が観られました。

あと何輪咲いてくれるかな?
それと、いまだにムカゴが出来ない…ムカゴできるかな~(--;)

それからブログを一方的に拝見していたSLACKERさんに、初見ながらあつかましく譲渡をお願いしたところ、快くお譲り頂けるとのことで、その株が今朝届きました。

アーカンシェルとサルフレア・オキチョビーの二株ですが、どちらも超立派な株でビックリです!


大事に育てられたことは一目瞭然!というかSLACKERさんのブログをみてたらそんなことは言うまでもないんですけど(^-^;

ちょうど今日は定期検診でお休みを頂いてましたので、定期検診が終わった午後より早速植え付けです。

まず用土を作ります。
これまでは睡蓮の用土は基本的にチャームで買っていた「ビオの土」か「スイレンとハスの土」を使ってたんだけど、今回は赤玉土とピートモスを7:3位の割合で作ってみたけどどうなんかな?
こんな感じでいいんかな?


まず浅鉢の底の穴を塞ぐので、赤玉土の空き袋を切って鉢底に敷きます。
薄いプラの板なんかでも良いと思いますが、まぁ一緒だと思うのでこんな感じにしてみました(笑)
左がアーカンシェルを植え付ける8号浅鉢、右がサルフレア・オキチョビーを植え付ける9号浅鉢です。


用土を底に敷いて肥料を撒いておきますが、もう秋ですので根付かせられればよいので少な目にしました。


その上から肥料を被うようにさらに用土を敷きます。


8号浅鉢にアーカンシェルを植え付けます…成長点から鉢の縁まであまり余裕が無かったorz
9号にしておけば良かったです…が、今後は越冬に向かうはずなのでとりあえずこのまま植え付けました(汗)


表土に赤玉土を敷き詰めて


水鉢(アップルウェアー?の陶鉢)にそっとセットしてアーカンシェルの植え付け完了!


続いてサルフレア・オキチョビーの植え付けをします。
こちらは9号浅鉢ですがやはりもう1サイズ大きいほうが良かったように思います(汗)


同じように表土に赤玉土を敷き詰めて


もうひとつの水鉢(同じくアップルウェアー?の陶鉢)に静かに沈めてセット完了しました。


どちらの株にも花芽が付いていたので今年中に花が見られると嬉しいんだけどな(*´ー`*)

最後に、SLACKERさん、よい株をお譲り頂き本当にありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水生植物へ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ: ガーデニング
ジャンル: 趣味・実用

コメント

こんばんは。
無事に到着したようで何よりです。
タイミングの良い日にちの到着でしたね。
植えつけの様子を拝見sいますと、ずいぶんと手慣れてらっしゃいますね。

我が家でもクィーンは殆どムカゴを成長させませんね(^_^;)
株自体が強健ですので、越冬に関してあまり心配ない品種と思います。

Re: タイトルなし

SLACKERさん。
コメントありがとうございます。

絶妙のタイミングで株を受け取ることができました。
ありがとうございましたm(_ _)m

植え付けはまだまだヒヨッコなのでおぼつかない感じです(^^;
今年の春に本格的にハス・スイレンをはじめたのでホントに初心者なんです。
ただ一気に色々やったので手筈は理解しているつもりでして(^^?
なんとかうまいこと植え付けできたって感じです。

QOSはムカゴ種なのにムカゴを付けにくいんですね。
他にもそのような品種がありますけど、鉢を大きくしたほうがムカゴができやすいとか、少し涼しくなってきたらムカゴができてきたとかって情報があるので鉢のサイズアップしてみようかな?なんて思っています。

温帯性睡蓮は昨年越冬を経験したのですが熱帯性睡蓮は今年初越冬なのでうまく越冬させられるか少し不安です(汗)

越冬は泥団子とかパーキュミライト方式とかスチールウール方式とかフェルト方式とか色々ありますよね?
でもなんかバルブを掘り起す越冬方式はなんだか敷居が高そうで難しそうかな?と思っていて、一番単純な室内で少し高さのある発泡スチロールに水を張っておいて鉢だけ移動させて管理しようかと思っています。
ティナはムカゴがたくさん取れそうなので別の方法での越冬も試してみようかなとは思っていますが、QOSとティナの元株だけは室内でそのまま越冬させようと思います。

どれかうまくいくって来年に繋がると良いのですが…

※毎年GWあたりにSLACKERさんお住まいの県に釣り遠征に行っています。
 ご迷惑でなく、タイミング合えばぜひ一度栽培環境をお見せ頂いて、睡蓮だけでなくハスの栽培についても勉強させて頂けないかなと思っておりますm(_ _)m

睡蓮の作り方がわかりやすいです。
というより、うりぼうさんの睡蓮への愛情を感じます。
来年、キレイな花を見せてくれるんでしょうね。

Re: タイトルなし

パントレセレブルさん。

いつも植え付けの時って泥んこになっちゃうので写真は植え付けた後しか撮ってなかったんですが、今回は少し時間的余裕もあったので、自分への覚書にもなるかな?と思って手順を追って撮ってみました。
せっかく大事に育てられた株を譲って頂いたのでいい加減なことはできませんからね(^^;

上手に育てて来年でっかい花が咲いてくれると良いのですけど(^-^)

ということで、これでパントレセレブルさんもばっちり睡蓮の植え方もわかったことですし来年に向けてぜひ一鉢!(^^;
非公開コメント

プロフィール

うりぼう

Author:うりぼう
ひょんなことから始めためだか水槽からビオトープと水草なのか熱帯魚なのかわからない水槽へと派生してなんだかはまってしまった、そんなうりぼうと四匹の猫たちのくだらない日常(といっても気が向いたときだけだけど)をのほほんと綴っております。
※リンクは勝手にやっちゃって頂いて構いません♪

follow us in feedly

Association of Kanto waterweed
カウンター
Uri's Instagram(New)
リンク